高校野球

中林vs川角以来の大和に行ってきました。その頃からはや13年が過ぎ、もはや大和駅から歩いていく体力も無くなってしまったためバスで球場に到着。当時は大和引地台球場として並べ替えで出題されていた球場名も数年前に大和スタジアムへと変更されており、ス…

時が経つのは早いもので、10年ぶり に南北に分かれての記念大会。さらには節目の第100回大会ということで、開会式から様々な趣向を凝らしたものになりました。まずは選手入場に先立ち歴代優勝校19校がレプリカの優勝旗を持って入場。また試合の合間に放映さ…

全国の先陣を切って南北神奈川大会の組み合わせ抽選が行われ、92+94校の組み合わせが決まりました。 http://www.kanagawa-baseball.com/summer/2018/ 開幕カードは南神奈川が金井vs逗子。奇しくも 昨夏の初戦 の再戦となり、開会式の直後でより一層の注目が…

7年ぶり にハマスタで行われた春季県大会決勝を観てきました。ともに前日の勝利で関東大会出場が決まっている状況ながら、横浜が板川・桐光学園が谷村と背番号1同士の先発で始まった試合は初回の表、1死から山崎がライト中段に先制弾!3回は1死満塁からゴロ…

出場36校決まる 初出場は10校

https://mainichi.jp/koshien/articles/20180126/k00/00e/050/331000c 秋季県大会決勝 で圧勝した東海大相模はその勢いで作新学院をコールドで屠り、一方生井以降の投手陣に不安を見せていた慶應も渡部の踏ん張りで関東ベスト4入りを達成。春季県大会に逃避…

今年の野球観戦を締めくくる神宮大会へ。フレッシュリーグ以来の早い時間に着いたものの、すっかり大人気イベントと化した行列の前に、入場時には第1試合の駒大苫小牧vs大阪桐蔭が既に2回裏でした。駒苫先発の大西は大阪桐蔭を2回まで0点に抑えるも、3回に3…

春以来の保土ヶ谷へ。まずは関東大会進出を賭けた3位決定戦の桐光学園vs鎌倉学園、谷村を連投させてきた桐光に対し鎌学は前日完投の小島を温存し新倉が先発。初回は双方無得点も、桐光は2回に唐橋のタイムリーで先制すると、3回には山田のフェンス直撃タイム…

第99回全国高校野球選手権西東京大会 決勝戦

この日も前日と同じくらいの時間に起床して神宮へ。到着してみると既に開門後で待たずに入れてしまい、これならもっと遅くてもよかったか…と思いきや、試合開始の2時間前には入場券完売の報。結果的には早く来て正解でした。 一昨年 の再戦となった東海大菅…

第99回全国高校野球選手権神奈川大会 決勝戦

夏は2年ぶりの横浜相模決戦、しかも土曜日の11時開始ということで、普段の平日以上に早い時間に起きてハマスタに向かう万全の構えで無事席を確保。予想通り試合開始の前に満員札止めとなったようで、客席増築が今から待ち遠しいですね。 先発は横浜が板川、…

スタジアム内に入ると、立派な屋根の付いた内野に気持ちよさそうな芝生席の外野、景色も映えて開放的な雰囲気。さすが定期的にヤクルト戦など開催している球場だけあり、ひたすら写真に撮っていたのですが、残念がら高野連のページによると許可の無いアップ…

大楠のレジェンドこと今関勝氏のご尽力などにより楽天戦の開催も実現したはるか夢球場。岩木山をモチーフにしたというスタンドも雄大で、確かに一軍の試合を胸を張って迎えられるだけのことはあります。来年以降も定期的に公式戦を実施してほしいですね。 こ…

敗退が決まったことで会場を後にしてパロマ瑞穂球場へ。決定戦まで進んでしまったことで到着時には第2試合の西春vs至学館が既に2回裏に入り、夢追人の演奏が流れているところでした。レフトスタンド後方に見えるのはこの日もグランパスの試合が行われるパロ…

今日もハマスタへ。第1試合は逗子vs金井、戸倉と佐藤圭の両エースの先発で始まった試合は初回表に逗子が山口のタイムリーで2点を先制も、金井はその裏益田がタイムリー、2回には1死3塁から佐藤圭の二ゴロで同点に追いつき、試合は膠着状態となります。 試合…

今年も全国一の熱い夏がやってきました。長い開会式が終わり、試合の前に冷たいものを…の道中で目についたのがこの度新登場のベイカラ氷。唐揚げとカキ氷という組み合わせはさぞ色物と思いきや、スダチの酸味と唐揚げが程よくマッチ。居酒屋で唐揚げにレモン…

先週土曜に神奈川大会の組み合わせ抽選が行われ、189校の組み合わせが決まりました。 http://www.kanagawa-baseball.com/summer/2017/ 開幕カードは高浜vs南。部員9人を揃え3年ぶりの単独出場に漕ぎ着けた高浜、部員17人の南とともに小所帯のチームですが、…

親の実家に向かう途中、千葉県大会決勝を観に天台に寄ってきました。27,000人とZOZOマリンにも引けを取らない収容人数を誇るものの、屋根は後方に極薄く存在するのみ。日射しを避けるために急な階段を最上段まで登ることになりましたが、そこから見える外野…

雨天延期のお蔭で都合の良くなった春季県大会決勝、横浜vs東海大相模を観に保土ヶ谷へ行ってきました。既に両チームとも関東大会出場を決めている状況で、夏に当たる可能性が高い相手との戦い方が注目されるところでしたが、ほぼフルメンバーの相模に対し、…

出場32校決定 開幕は3月19日

http://mainichi.jp/koshien/articles/20170127/k00/00e/050/293000c 早実が神宮枠をゲットし損ねたことで混迷を極めていた関東・東京6枠目の行方は日大三。昨秋サヨナラ負けで関東ベスト8に終わった慶應は補欠に留まり、残当ではありますが神奈川勢は3年連…

この日は第1試合開始の前に無事到着。明徳義塾vs福岡大大濠の一戦は初回大濠が1死1・3塁と明徳先発の北本を攻め立て、東が三遊間に鋭い当たりもサード田中が飛びつき5-4-3のゲッツー!ピンチを脱して以降3回まで互いにゼロを並べますが、4回に大濠は先頭古賀…

朝からMHPSの統合というニュースに衝撃を受けつつも神宮大会へ。到着時には第1試合、静岡vs早稲田実業の試合が5回を終えて3-3の同点の場面でした。早実は6回裏、1死2塁の場面でピッチャーの服部に代打岩間を送るも無得点。7回表は3番手として赤嶺が登板も、…

初動が遅れてしまい、神宮第二に到着したのは試合開始直前。続々とアップされるスタンドの様子に満員札止めも覚悟していましたが、ギリギリ最上段の立ち見に滑り込むことができました。まずは第1試合の国士舘vs早実、先発は深澤と中川。先手を取ったのは早実…

5年ぶり、サーティーフォーになってからは初めての保土ヶ谷へ。昨日の仕切り直しとなった横浜商大vs慶應義塾の準決勝、先発は商大が古野から鹿島に変えてきたのに対し、慶應は森田が連日の先発。商大は初回先頭の宮澤が初球をレフト前、梅田四球で2死1・2塁…

大学代表vs高校代表の壮行試合のために 1年半ぶり となるQVCへ。その頃よりスコアボードが全面LED化されたのは聞いていましたが、それ以外にも両サイドに小型のスクリーンが設置されており、選手紹介や応援メッセージの紹介などふんだんに使われていました。…

第98回全国高校野球選手権神奈川大会 決勝戦

8年前に 南神奈川 と 北神奈川 を制した両校が、改めて真の神奈川一を決めるべく激突することとなった今日の一戦。泣く泣くニチアサを諦めた甲斐あって無事チケットを確保、ノック前のゲリラ豪雨もすぐに止み予定通りの試合開始となりました。 慶應の先発は…

神奈川大会もいよいよこの週末が大詰め。まずは準決勝第1試合の慶應義塾vs桐蔭学園、残った4校の中で最も甲子園から遠ざかっている桐蔭の先発は背番号11の平山!今大会初登板がこの大一番という奇襲をかけてきた大川監督でしたが、その立ち上がり1死満塁のピ…

石巻からはミヤコーバスで10分ほど揺られ下車。総合運動公園の中を突っ切ると、すぐに石巻市民球場が見えてきました!スタンドから外野後方への眺めは開放感に溢れており、その点は良かったのですが、辛かったのは屋根が全く無いこと。当初の予報では曇り25℃…

というわけで予定通り1回戦落ちしたので、青葉通一番町から初めての東西線。連坊で降りしばらく歩くと、楽天xkoboスタジアムが見えてきました!球場に入りまず目についたのはレフトスタンド後方の観覧車…ではなくスコアボード。志津川のスタメンのうち佐藤が…

昨日の雨から一転、焼けるような暑さの中での神奈川開会式。50分にも及ぶ行進が終わり、いつものように優勝旗返還…の前に、昨年相模が全国優勝したことによる全国優勝旗の披露。旗を掲げる戸崎主将の姿は本当に誇らしげで、来年もまたこの場で同じシーンを観…

本州で最も早い開幕となった西東京大会、開幕戦のカードは日大二vs筑波大駒場。例年は選手名が表示されないため、スタメンのアナウンスを聞き逃さないよう身構えていたのですが、今回は表示されるようになっていてびっくり。何にせよ有難いことです。 昨年は…

先週土曜に神奈川大会の組み合わせ抽選が行われ、開幕戦は川崎商vs中央農、選手宣誓は横浜立野の小原主将に決まりました。 http://www.kanagawa-baseball.com/summer/2016/ 横浜と東海大相模は逆の山に入り決勝まで当たらない一方で、初戦で横浜商大と横浜創…