昨日加藤拓で奇襲をかけてきた慶應の今日の先発はまたも奇襲、初先発の清水洋。また昨日の3連発に味を占めたか、山口をファーストに回し岩見をレフトスタメンで起用してきました。その清水洋の立ち上がり、先頭長藤は平凡な左飛…と思いきや岩見がグラブに当てて落球。さらに飯田四球、山田二ゴロも川崎晃ファンブルで満塁と、勝手にチャンスが転がり込みます。ここで先制パンチを見舞いたいところでしたが、1死から田中押し出し四球による1点のみ。
援護が1点に留まった山本俊の立ち上がりでしたが、先頭山本泰の三塁線への鋭い当たりを長藤止められず、楠田も処理を誤り3ベースとしてしまうと、梅野横尾連続四球で無死満塁となり打席には谷田。嫌な予感しかしない場面ですが、その予感通り打球は左中間スタンドに消えていきました。せめてこの4点で終わってほしいところでしたが、2死から小笠原川崎晃の連打に暴投で勿体無い5点目を失ってしまいます。2回は2死から横尾に被弾、3回にも1死1・3塁のピンチを背負うも川崎晃の三ゴロで3塁走者を挟殺、3塁を狙った1塁走者も刺して、何とか3回を6失点でマウンドを降ります。
追い上げたい打線は3回、山田センター前と田中四球山本克頭部死球で2死満塁、ここが勝負所と見て代打田口を起用も三振。清水洋はこの回限りで降板、4回から登板の小原大に対し、山本俊内野安打喜入四球、長藤のバントが内野安打となりまたも無死満塁。飯田も四球を選び押し出し、さらに無死満塁が続きますが、山田のゲッツー崩れの間の1点のみ。5回にも山本修四球、喜入長藤の連打で2死満塁とするも、飯田いい当たりながら梅野の範囲内の中直。
山本俊降板後の2番手は三木も、横尾にタイムリーを浴び2回1失点。6回から3番手白砂、今日はキレも出ていい感じの投球も、8回2死まで来て山本泰に2ランを被弾…。それでも後続は断ち、何とか2桁失点は阻止。
打線は清水洋→小原大と来てさらに加嶋→三宮と執拗に左を繰り出すリレーの前に6回以降チャンスが得られずそのまま試合終了。12安打中3本塁打1三塁打5二塁打と豪打を見せつけた慶應打線に屈し、総勢5名の山本祭りもこれにてお開きとなりました。

東大 - 慶大 2回戦
T 100 200 000 3
K 510 100 02X 9
T ●山本俊-三木-白砂
K 清水洋-小原大-○加嶋-三宮

50安打への道

長藤(4年) 本日 2安打 → 通算 21安打
山田(2年) 本日 1安打 → 通算 13安打
山本俊(3年) 本日 1安打 → 通算 6安打
喜入(3年) 本日 2安打 → 通算 21安打

100奪三振への道

山本俊(3年) 本日 3奪三振 → 通算 30奪三振
三木(3年) 本日 1奪三振 → 通算 14奪三振
白砂(4年) 本日 2奪三振 → 通算 29奪三振



続いて第2試合のR-W。早稲田は竹内が先発も、初回先頭の大城をストレートの四球で出すと、1死後佐藤拓笠松の連続タイムリーで2失点。2回の初めに北濱がマウンドで投球練習を開始し、交代かと思いきや続投という謎の行動を取りますが、酒井田にセンター前を打たれ結局北濱に交代。北濱は後続を断つと、そのまま5回まで無失点に抑えます。
一方立教の先発は齋藤俊、2回に早稲田は中澤のタイムリーで1点を返しなお1死2・3塁も、川原の一ゴロで3塁走者が自重したにもかかわらず中澤が3塁に突進、3塁ベース上に2人の走者が存在する事態になり敢え無くチェンジ。その後も北濱の尻餅や茂木のエラーなど早稲田は流れを手放すプレーを連発していましたが、ようやく5回に2死1・2塁のチャンスを作ると、丸子が左中間を破る逆転のタイムリー2ベース!
5回までは弛んでいた試合も、6回から大竹と澤田圭が投げるようになってからは一転引き締まりゼロ行進。こうなると丸子の逆転打が物を言い、そのまま早稲田が逃げ切り。連勝で勝ち点を挙げました。