全国の先陣を切って南北神奈川大会の組み合わせ抽選が行われ、92+94校の組み合わせが決まりました。
http://www.kanagawa-baseball.com/summer/2018/
開幕カードは南神奈川が金井vs逗子。奇しくも 昨夏の初戦 の再戦となり、開会式の直後でより一層の注目が集まる今年は互いに闘志を燃やしていることでしょう。一方の北神奈川は日大vs大師。準々決勝でも何らおかしくないカードで、待ち受ける慶應にとってはどちらが勝っても気の抜けない試合を強いられること間違い無し。それ以外にも翠嵐vsサイエンスフロンティアや随所に散りばめられたノーシード爆弾など、1ヶ月後の開幕まで興味の尽きない組み合わせになりました。
選手宣誓は上溝南の萩原主将、そして始球式は山本昌広氏と原辰徳氏のコンビという豪華キャスト。まさに第100回大会に相応しい舞台が整っただけに、高校野球100周年での相模に続いて神奈川に深紅の大優勝旗をもたらしてほしいですね!