神宮の閉会式を見届けてからハマスタへ。横浜が敗退したにもかかわらずウイング席が開放されたとのことで、この機会に初めて足を踏み入れることに。ウイング席の最上段から見下ろすグラウンドはまさに絶景でしたが、選手がまるで豆粒のようで、相模の選手の打球も速すぎて追えないので県相の野手の動きに頼らざるを得ないほどでした。
 

準決勝第2試合の先発は東海大相模が諸隈、相模原が天池。横浜相手に歴史的勝利を収めて関東王者に挑んだ県相でしたが、初回先頭の鵜沼に痛烈な打球で左中間を割られ、続く本間にはストレートの四球。無死1・2塁のピンチを背負いますが、遠藤を空振り三振に打ち取ると、山村を遊ゴロゲッツーに打ち取り無失点!その後も天池の丁寧なピッチングと内野陣の的確なポジショニングが光り、2回の2死3塁・4回の1死3塁を凌ぐと、5回は鵜沼本間遠藤の1~3番を三者凡退!!僅かに甘く入った球を3回は鵜沼・6回は西川にスタンドに運ばれたものの、その4点に抑えて終盤に突入します。
県相打線相手に無失点ピッチングを続けていた諸隈でしたが、7回に代打を出され降板。すると試合の流れが変わり、2番手野口からエラーと四球で出た走者を風間がしっかり送って1死2・3塁のチャンス。続く中嶋の三ゴロの間に1点を返すと、さらに3塁をオーバーランした走者を刺そうとした送球が逸れ2塁走者も生還!2点差に追い上げ、すわ準々決勝の再現かとスタンドは大いに沸き返ります。
しかし天池の疲労もピークに達しており、直後の8回表に遠藤山村に連打を許すと、金城に三遊間を破られる2点タイムリー、井上四球に西川も2点タイムリー。さらに松本のバントを天池が悪送球して7点差となり、ついに天池は降板。中澤→四元と継投するも、相模はさらに本間のスクイズと遠藤のタイムリーが飛び出し、この回7点を奪います。その裏を野口が無失点に抑え、8回コールドで東海大相模が決勝進出。ノーシードながら今大会を大いに盛り上げた相模原でしたが、ついに力尽きました。