今年最終戦の先発は奥野。通算5回目の先発で初めて先頭を歩かせず中飛に打ち取ると、2死2塁のピンチも岡田悠を見逃し三振に仕留めて無失点。2回以降も得点圏に走者を背負い続けるも要所で踏ん張り、春からの対法政戦無失点を継続すると、打っても法政先発篠木からレフトフェンスまで届く2ベース!しかし篠木の先発でも安定して145を出すストレートとキレキレのスライダーのコンビネーションの前に決め手を欠き、0-0のまま試合は後半に入ります。
奥野は6回も続投し自己最長イニングを更新するも、先頭の岡田悠を歩かせたところですかさず井澤に継投。浦に送られ得点圏に進まれたものの、先発での不安定さが嘘のような落ち着きぶりで後続を打ち取りピンチ脱出。7回には西村の三遊間を破ろうかという当たりに大音が飛びつき、ワンバン送球を井上慶が上手く掬うファインプレーで三者凡退に抑えます。
そしてその裏法政は2番手の尾崎に継投も、1死から井上慶が三遊間を破り出塁。代走の伊藤翔が盗塁を決め、水越の三ゴロで3塁まで進むも、スライダーに櫻木のバットが空を切り三振…。続く8回にも井澤振り逃げ阿久津四球で2死1・2塁、打席には大音主将。まるで伝説を作るために神様が与えてくれたような状況でしたが、またもスライダーの前に空振り三振……。
0-0のまま迎えた9回も井澤が続投。先頭高田は鋭いライナーも阿久津の正面、村上はバットを折りながら痛烈なピッチャー返しも井澤超反応でダイレクトキャッチ、そして海崎に粘られるも最後は空振り三振!9イニングを僅か2安打の無失点に抑え、残すはサヨナラを決めるだけでしたが、なおも続投の尾崎の前に3人で抑えられ試合終了。勝ち点を0.5積み上げて有終の美を飾りました。

法大 - 東大 2回戦
H 000 000 000 0
T 000 000 000 0
H 篠木-尾崎
T 奥野-井澤

50安打への道

阿久津(3年) 本日 1安打 → 通算 8安打
井上慶(4年) 本日 1安打 → 通算 23安打
安田(4年) 本日 1安打 → 通算 16安打
奥野(4年) 本日 1安打 → 通算 2安打

100奪三振への道

奥野(4年) 本日 4奪三振 → 通算 28奪三振
井澤(3年) 本日 2奪三振 → 通算 56奪三振

続く第2試合のR-Mはいきなり立教の打線が爆発。初回道原井上剛の連打から山田が送ると東の犠飛で先制、さらに2アウトから黒岩太田の連続タイムリー。明治先発の藤江から一挙に4点を奪いますが、明治もその裏上田のタイムリーで1点を返すと、4回には西山タイムリー、6回には無死1・3塁から併殺崩れの間に得点を挙げて1点差に迫ります。
これが最終戦となる立教は先発荘司から島田→池田陽→宮と必死の継投で逃げ切りを図るも、9回明治は先頭宗山が死球、代打明新がバスターで三遊間を破ると、蓑尾がバントを決めて逆転の走者が得点圏へ。しかし宮も踏ん張り代打日置を三振、2アウトとなり打席には丸山主将。最高のお膳立てが整った場面で初球を振り抜くと、打球は前進守備のセンター道原の頭上を越える逆転サヨナラタイムリー!明治が連勝し優勝への望みを繋ぎました。