明大6年ぶり7度目V 蓑尾海斗が先制打、村田賢一が国学院打線を散発5安打で完封

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202211240000914.html
7年ぶりに六大学東都対決となった決勝戦。明治は初回1死満塁と絶好の先制機を逃すも、2回無死1・3塁のピンチをライナーゲッツーで凌ぐと、3回2死1・3塁から蓑尾がライト前に運び先制。先発の村田は神里に3安打を許すも前後をしっかり抑え、9回も続投。2アウトからファンブルで同点の走者を出すも、青木の一二塁間を破ろうかという当たりを村松が良く追いつき、カバーに入った村田に渡って試合終了!圧巻の無四球完封劇で、明治が歴代最多を更新する7回目の優勝を果たしました。
思えば前回明治が選手権で優勝を果たしたのが3年前。その時に1年生として優勝を体験した世代が、今回4年生としても優勝を遂げて有終の美を飾りました。主力が多く残るだけに来年以降黄金世代の到来を予感させますが、そうはさせじと各校リーグ戦を大いに盛り上げていきたいですね!

午後から神宮大会へ。第3試合の明治vs関西大は初回明治が1アウトから飯森が四球で出るとすかさず盗塁、宗山のヒットで2・3塁。続く上田はセカンド正面のゴロも飯森が好スタートを切り、タッチを掻い潜ってセーフ!さらに蓑尾の犠飛で2点を先制します。しかし2回以降は関大先発の鷲尾に立ち直られ三振の山を築くと、先発の村田が2回佐藤にタイムリーを許し1点差に。4・5回にもヒットを許して安打数で上回られ、じっと我慢の展開が続きます。
後半に入り雨が強くなる中、関大は7回先頭の有馬がヒットも続く高田4-6-3。8回にはここまで好投を続けてきた鷲尾に代打が出されついに降板。それでも得点には繋がらず、9回は辰己が登板も、蓑尾のヒットなどで2死1・3塁と攻め立て打席には明新。村田がそのままネクストに入っていた状況で関大は申告敬遠を選択も、村田はさすがのセンター返し。満塁となって辰己は降板、初戦先発の金丸に後を託すと、村松のフラッと上がったフライをショート高田が背走キャッチ!ダメ押し点を阻止して最終回の攻撃に賭けるも、村田の前に3人で抑えられ試合終了。初回の2点を守り切った明治が準決勝に進みました。


続く第4試合、環太平洋大vs大阪商業大は序盤から双方塁上を賑わせるも、IPU徳山・大商大上田の両先発が要所を凌ぐ展開。ようやく4回表にIPUが1死1・3塁から橋本タイムリーと吉田犠飛で2点を先制も、その裏大商大も負けじと1死1・3塁から佐藤が3塁線に沿って転がる絶妙なスクイズを決めて1点差に。この後も激しく競り合う展開が予想されるも生憎の所用で神宮を離脱しましたが、果たして10回、延長タイブレークからサヨナラスクイズによる決着となったようでした。

昨年 に続きオータムフレッシュリーグを観てきました。今回の舞台は富士球場。こんな時でもなければ使う機会もない新富士で降り、バスを乗り継いで三ツ倉で下車。事前に確認したGoogleマップでは小道を少し歩けば球場に着くように見えていたのですが、実際にはそこそこハードな階段でした。
  

ともかく球場に到着。バックに富士山が聳える好立地に加え、今回はキッチンカーや大会グッズも用意されるなど至れり尽くせり。惜しむらくはスコアボードの選手名がパネル式で、この日は稼働していなかったことでしょうか。
  

到着して間もなく第1試合の慶應vs富士市立が終了し、第2試合のvs静岡産業大が開始。先発の山崎は初回簡単に2アウトを取るも、そこから四球ヒット四球で満塁。このピンチは何とか抑えたものの、2回に3四球で満塁とすると、夏目に初球をライト前に運ばれるタイムリー、さらに後藤の強いゴロをショート井之口が逸らし、この回3失点で降板。2番手は双木も、2イニング目の4回に無死満塁のピンチを招き、池田岡野の連続タイムリー、さらに2死から大上ライト線に走者一掃のタイムリー3ベースで5失点。3番手の森岡も5回に池田のタイムリー2ベースと暴投で2失点、6回には杉本にライトスタンドに運ばれ1失点。登板する投手が悉く失点を許す苦しい展開になります。
一方の打線は2回臼井がセンター前も直後に牽制死、続く府川がライト前も盗塁死。5回には臼井が2本目のヒットとなる内野安打で出るも江口が1-6-3。ようやく6回、見坂のレフト前と四球で得点圏に走者を進めるも大原が5-5-3。7回は4番手の吉田晃が2四球も無失点に抑え、その裏先頭の代打岡田がレフト前で出るも最後は臼井が4-6-3に倒れ、この回で打ち切り。単打はそこそこ出るも得点に結びつかず、完封負けを喫しました。


続いて第3試合のvs静岡大。先の試合からガラッと入れ替わった打線は初回2死満塁のチャンスを作ると、山口の鋭いライト前タイムリーで2点を先制。先発の平田は初回を3連続二ゴロと上々の立ち上がり、2回には杉浦の見事な盗塁刺。3回には宇野にタイムリー3ベースを浴びなお1死3塁も後続を二ゴロ中飛で切り抜けると、その裏西前内田の連打で1・3塁から暴投、さらに鈴木太がバックスクリーンに飛び込むホームラン!取られた直後に取り返すと、5回には暴投でさらに1点を追加。試合の主導権を握ります。
平田は5回の1死満塁も遊飛と三振で乗り切ると、6回を三者凡退に抑えたところで降板。6回1失点と、フレッシュ慶應戦の好投が実力であることを存分に示す好投でした。7回からは中村が登板、2イニング目の8回に矢澤にタイムリーを許しなお1死1・2塁も後続を中飛三振で消火。ナイター設備が無いため日没との戦いでしたが無事9回に入り、3番手は長谷川大。先頭の山下をセンター前で出すも続く永島を捕飛、そして代打井上を4-6-3に打ち取り試合終了!今年の選手権にも出場した強豪を下し、3度目の参加にして大会初勝利を挙げました。

チーム2023新体制

https://tokyo-bbc.net/
主将が梅林、副将が松岡と長谷川亮、主務が石井悠、副務が木村舞。甲子園球児の主将は八重樫以来39年ぶり7人目で、さらに神宮大会球児では史上初。また長谷川亮はここまでリーグ戦出場無しからの抜擢となりました。
そしてスローガンも「奪出」に決定。今年の戦いで競った展開には十分慣れただけに、文字通り勝ち点奪取と最下位脱出に期待したいですね!

令和4年度 秋季都大会決勝戦

砂埃舞う中での決勝戦、先発は二松學舍大附属が大矢、東海大菅生が日當。今夏に続いてのセンバツ出場を狙う二松は初回片井のタイムリーで先制し、さらに2死満塁と畳みかけるチャンスも、180cm110kgの五十嵐が一飛に倒れ1点止まり。すると菅生はその裏北島のタイムリーですかさず同点。さらに3回には2アウトから北島がヒットで出塁、続く新井がバックスクリーン直撃の勝ち越し2ラン!4回にも2番手重川から日當のレフト線タイムリー2ベースと、効率的に加点して試合の主導権を握ります。
反撃に転じたい二松でしたが、4回1死1・2塁の場面で飛び出した2塁走者が捕手の牽制に刺され憤死、5回は四球と野選で無死1・2塁も大矢の痛烈なピッチャー返しが日當の正面を突き、2塁走者戻れずライナーゲッツー。菅生に負けず走者は出すも得点に繋がらないでいるうちに、5回裏菅生は2死1・2塁から門間がライト線際への2点タイムリー3ベース、続く高橋もタイムリー。この回3点を加えて6点差とし、試合を決定づけます。
大援護を得た日當はすっかり落ち着き、6回は三者連続三振でこの試合初めての三者凡退。7回にゴロの間に1点を失うもその裏に門間の犠飛で突き放し、そのまま9回も日當が続投。追いすがる二松も毛利柴田の連打で二桁安打、さらに大矢四球で1死満塁と攻め立てるも、最後は片井が4-6-3に倒れて試合終了。東海大菅生が2年ぶり4回目の優勝を果たし、センバツの切符を確実なものとしました。

試合後は若林監督と渡部主将のインタビュー。監督の言う「最低の世代」が、一戦一戦成長することで都の頂上を掴みました。主将のインタビューからも監督と選手が良い関係が築けていることが窺えるだけに、この勢いで神宮大会も駆け上り、決勝で下した二松にも報いてほしいですね!
 

あいにく優勝を賭けた早慶戦と重なってしまいましたが、埼玉会館で行われた淡青祭を見てきました。今回の見所は初のチア出身主将の杉田さん。過去にバイオリン、トランペット、ハーモニカなど様々な演奏が繰り広げられていた新墾の前奏で、なんと宝塚ばりの美声を披露。明治の應援團が別件のため来られなかった(by福井副将)というのが実に勿体無く感じるほどの濃密な4時間でした。
残念ながら今回も観客が声援を送ることはできませんでしたが、応援席が内野に戻ってきた今、来年こそは完全にコロナ前に戻った応援が見たいですね!

明大が2季連続42回目の優勝、16年以来の春秋連覇 早大が慶大に連勝で決定

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202211060000874.html

早稲田が先勝して迎えた2回戦。前日の逆転サヨナラ打に続いて打席に入った松木がヒットで出塁、その後1死満塁から印出がグランドスラム慶應先発の外丸を初回でKOして試合の主導権を握ると、慶應の追い上げを受けるもその度に突き放す展開。最後は伊藤樹が締めて逃げ切り、勝率の差で優勝明治、2位早稲田、3位慶應となって秋の全日程が終了しました。
首位打者は.400(=22/55)で萩尾。4本塁打・17打点もリーグトップで、今井以来の三冠王に輝きました。実はその裏で松木が.440(=11/25)をマークしていたものの、惜しくも規定に1打席足りず。それでも最終カードに一発を放った浦田ともども、金沢泉丘勢が有終の美を飾りました。最優秀防御率は1.41(38.1回6自責点)で加藤。春に続いて防御率1位で早慶戦を迎え、その時は5回5失点と打ち込まれ逆転を許しましたが、今回は8回途中3失点に止めて守り切りました。
さて優勝した明治は続いて神宮大会へ。春の選手権は悔しい結果に終わっているだけに、秋こそ日本一で村松主将を名古屋に送り出したいですね!