野球伝来150周年を記念して開催されたプロアマ記念試合を観てきました。試合開始に先立ち行われたセレモニーでは色とりどりのユニの大学・社会人選抜とNPB U-23選抜が一堂に会した後、ファーストピッチは斎藤佑樹氏・中日ドラゴンズジュニアの小林大雅(たいが)選手・埼玉ライオンズレディースの里綾実選手。それぞれの立場を背負ってピシッとナイスボールを投げ込みました。
 

NPBの先発は根尾。1人走者を出せば山田に回るところでしたが、3人で抑えられ対決はならず。一方大社の先発は青山も、初球を藤原レフト前+林の後逸で2塁に進まれ、1死3塁から中村遊ゴロの間に失点。直後に一旦は追いついたものの、2回にも安田黒川来田の3連打から長谷川阪口に連続犠飛。普段の相手であれば打ち取れていたであろうボールを捉えられ、2回3失点とプロの洗礼を浴びます。2番手の佐藤も2死1・2塁で西川にまんまと三盗を決められた後黒川に右中間を破られる2点タイムリーを許して点差を広げられ、打線も森木の154km/hを蛭間がレフト前、軽く投げて150を超えてくるスチュワートJr.から中山がセンター前と見せ場は作るものの得点には結びつかず、試合は後半へ。
そして6回、大社4番手の権田は先頭の長谷川にフライを打たせるも、前進してきた小川が何故か捕球地点を通り過ぎてしまい2塁に進まれると(記録はエラー)、続く代打赤羽が支配下登録記念とばかりにレフトに2ラン。7回に登板の矢澤からも正木がタイムリー2ベースを放ち、ここまではNPBがプロの力を見せつける展開が続きます。
ここまで耐える展開が続いていた大社でしたが、ようやく8回、NPB8番手の鈴木から先頭山田がライト前。中村は一ゴロに倒れるも中山2ベースで2・3塁とすると、DH解除で7番に入っていた矢澤がフォークを上手く掬ってライト前2点タイムリー!さらに小川ヒットと猪原四球で1死満塁とすると、蛭間よく見て押し出し、続く城野のレフトへのライナーを正木捕れずタイムリー!さらに泉口がレフトに犠飛を放ち、2点差に追い上げます。なおも1・2塁と一発が出れば逆転の状況でしたが、山田は三振に倒れ追いつけず。その裏を橋本が藤原ブライトを連続三振、さらに益子のフライを小川が名誉挽回のダイビングキャッチ!今日投げた大社投手で唯一走者を出さず、9回の攻撃に望みを賭けるも、中川の前に3人で抑えられ試合終了。NPBが辛くも逃げ切りました。

第93回都市対抗野球大会 決勝戦

昨年の準々決勝の再戦となった今年の決勝戦。試合に先立ち行われた松永怜一さんの追悼セレモニーでは六大学の監督勢揃い(並びが順位通りであれば1969年春なので東大は坪井さんでしょうか)やロサンゼルス五輪金メダルなど懐かしの写真が盛りだくさん。そして始球式はご長男の勝己さん、存分に気を練ってからの投球で見事瀧澤から空振りを奪いました。
   

予想通りENEOS関根、東京ガス益田の先発で始まった試合は初回ENEOSが川口武田の連打でチャンスを作るも無得点。一方東京ガスは1・2回と三者凡退も、3回に馬場のヒットを皮切りに2死満塁のチャンスを作ると、小野田が押し出し四球を選び先制。そして5回、四球と石川ヒットで1死1・3塁としたところで、大久保監督は関根を諦め加藤に継投。しかし楠がその代わり端をライトに3ラン!さらに小野田ヒットと死球四球で満塁となり、加藤は1アウトも取れずに降板…。もはやこれ以上の失点は許されない状況でマウンドに上った補強の長島でしたが、笹川を遊飛、相馬を空振り三振に打ち取り、絶体絶命のピンチを切り抜けます。
致命傷は回避したものの、5回まで無失点の益田相手に4点差は絶望にも思える状況。しかし直後の6回表、先頭川口への死球が試合の流れを動かします。続く武田が右中間を破り2・3塁、山﨑は投ゴロに倒れるも、今大会絶好調の度会がライトに3ラン!1点差に迫ると、続く丸山もライトに同点弾!!一気に益田を降板に追い込むと、急遽登板の臼井からも小豆澤がライトに勝ち越しホームラン!!!怒涛のホームラン攻勢で5点を挙げ、試合をひっくり返します。
この試合初めてリードを奪ったENEOSはその裏も長島が続投。馬場北本を連続三振に打ち取るなど3人で抑えると、3イニング目となった7回は2死から地引ヒット加藤四球で1・2塁も笹川を空振り三振!8回は同じく補強の本間が馬場北本を連続三振に打ち取り3人でピシャリ。1点のリードを保ったまま9回に入り、マウンドには柏原。桐光では準優勝に終わるなどここまで優勝とは縁遠い野球人生が続いていたものの、石川を空振り三振、楠を遊直、そして小野田を遊ゴロに打ち取り試合終了!ENEOSが大会史上最多を更新する12回目の優勝を果たしました。

試合後のインタビューは大久保監督と度会。大久保監督はまず「本当にミラクルを起こしてくれた」と語り、そしてともに戦ってくれた補強選手に関する感謝の弁。長島本間に加えて武田も猛打賞と、文字通り「補強」と呼ぶに相応しい最高の仕事を成し遂げたことで、決勝不敗神話の継続となりました。一方の度会は終始絶叫。チームの主軸として、そしてムードメーカーとして、まさにこの大逆転劇の立役者でした。
 

橋戸賞と打撃賞は度会、久慈賞は益田、小野賞は監督として史上最多となる4回目の優勝を果たした大久保監督、首位打者は.500でNTT東内山、若獅子賞は度会とJR東山内セガサミー黒川。度会は橋戸賞打撃賞若獅子賞の三冠と、賞が両手に収まらない大活躍でした。
さて黒獅子旗が神奈川に還ってきたことで、来年の西関東は3枠が決定。東芝三菱重工Eastと3チーム揃っての大団円…と思わせて伏兵クラブの大躍進にも期待したいですね!

第104回全国高校野球選手権神奈川大会 決勝戦

今春の大会で横浜は桐光学園に敗れ、東海大相模桐蔭学園に敗れ、ともに第2シードからのスタート。新たな時代の到来を予感させましたが、監督が代わってもやはり名門。夏はしっかり仕上げてきて黄金カードの実現となりました。
先発は相模が庄司、横浜が杉山。序盤から両チームともヒット性の打球を量産するも、絶妙なポジショニングとフィールディングでことごとくアウトに持ち込み、わずか50分で5回を終了します。
それでも照り付ける太陽は着実に選手の体力を奪い、6回表の谷口の高いフライは緒方が直射日光と格闘しながら辛うじて捕球したものの、続く庄司のフライは捕れず。それでも杉山は武井をフェンスギリギリの右飛、及川を中飛に打ち取り切り抜けると、7回裏の大坂の遊ゴロを深谷が低投して出塁を許すも庄司が後続を打ち取り無失点。野手のミスを投手がカバーし、0-0のままあっという間に試合は9回に入ります。
そして9回表の相模の攻撃は2アウトから及川がファーストの捕球エラーで出塁も、百瀬二ゴロで無得点。すると裏の横浜は先頭の岸本がライト線に2ベース。この試合初となる長打が飛び出し、サヨナラのチャンスを迎えます。しかし玉城はスリーバント失敗で走者進められず、続く大坂はライトライナー。岸本は既に3塁を回っており、併殺でチェンジ…かと思いきや求の返球が逸れる間に岸本は2塁に帰還。2死2塁で仕切り直しとなり、萩の打球はまたもライト前へ。岸本は改めて3塁を蹴り、求決死のバックホームもタッチを掻い潜り生還!劇的なサヨナラで、横浜が2年連続20回目の優勝を果たしました。

試合終了後は村田監督・玉城主将・杉山へのインタビューと閉会式。相手とチームメイトを称える横浜と、表彰式でも悔しさを隠せない相模とのコントラストが印象的でした。横浜には相模の思いも背負って戦ってもらい、昨年を超える結果を期待したいですね!
   

3年ぶりに真夏の開催となった都市対抗へ。新調されたオーロラビジョンをどう活用するのかが個人的楽しみの1つでしたが、早速試合前の地引10年連続出場表彰が情報量豊かなものに。さらに選手紹介の顔写真も引き伸ばされ、ただでさえでかい中田が一段と迫力満点でした。
 

昨年優勝の東京ガスが益田、JR東海が戸田の先発で始まった開幕試合は東京ガスが再三走者を溜めながらゲッツー等で潰す不完全燃焼が続くも、ようやく5回先頭の相馬がライトポール際にホームラン!大学通算0本の男の一発で先制するも、戸田は後続の3人を打ち取り崩れる予感は無し。しかし6回に小野田がセンターへの2ベースで出塁したところでJR東海ベンチが動き、戸田から川本に継投。付け入りたい東京ガスは7回笹川相馬の連打で無死1・2塁と絶好のチャンスを作るも、馬場のバントが猛チャージした中田の正面に転がり三封、続く北本ショート正面のライナーで走者戻れず併殺…。追加点が遠い嫌な展開が続きます。
それでも益田は崩れず8回も0に抑えると、その裏3番手の喜久川から小林がヒットで出塁。楠倒れてさらに補強の4番手近藤に継投したところを小野田2ベースと死球で1死満塁と攻め立て、代打建部がレフト前に値千金の2点タイムリー!近藤をKOし、5番手の古田からも冨岡が犠飛JR東海の継投を咎めてダメ押しの3点を追加します。
援護を受けた益田は9回も続投。1・2塁のピンチを招き中田には痛烈なピッチャー返しを浴びるも、バウンドが上手い具合に相馬の正面に転がり、そのまま2塁を踏んで試合終了。益田の散発5安打の完封で、東京ガスが連覇に向けて好発進を果たしました。

3年ぶりに横浜スタジアムでの開会式が戻ってきましたが、従来1時間弱かけて行っていた入場行進が、各チーム代表2名による1分足らずの一斉行進に変更。また大会歌演奏も省略されるなど様々な簡素化がなされた一方で、役員・来賓の挨拶はいつも通りでした。そして開幕試合の始球式は高野連元事務局員の泉正二郎さん。嘗てマネージャーを務めた東芝のユニに身を包み、見事なノーバン投球でした。
 

開幕試合のカードは横浜桜陽vs法政二ブラバンも復活し法政らしい応援をバックに付けた法政二は初回2アウトから走者を溜めると、安井三木の連続タイムリーで3点を先制。このまま一気に畳みかけると思いきや、2回以降は桜陽先発の小島が時折見せる超スローカーブなどで法政打線を翻弄し、バックも1年生キャッチャーの佐藤が盗塁を刺すなどエースを盛り立てて復調。打線も法政先発の中山から再三走者を出すものの、積極的に次の塁を狙う姿勢が裏目に出て得点に至らず、両チーム0を並べ続けます。
後半に入り迎えた6回。2回以降無失点を続けていた小島でしたが、1死から出した走者を牽制悪送球で3塁に進めてしまうと、中山がレフト線への2点タイムリー。さらに2死2・3塁から井上にセンターの手前にポテンと落ちる2点タイムリーを許し、コールドの瀬戸際まで追い込まれます。後続は断ち、7回は2番手の加藤巧がライトから登板して佐藤と1年生バッテリーを組むも、安井の2ベースと連続四球で1死満塁のピンチ。続く井出の強い打球をセカンド馬渡がよく抑えたものの、バックホームが高く浮き安井がホームイン…。法政二が7回コールドで開幕戦を制し、桐光との戦いに駒を進めました。

2年前に企画されながらコロナ禍のため中止となっていた第9回六大学オールスター in 愛媛が、ようやく開催の運びとなり詳細が発表されました。
http://www.big6.gr.jp/game/specialgame/2022matsuyama/2022matsuyama.html
今回のチーム名は石鎚マウンテンズ(明法早)と瀬戸内オーシャンズ(慶立東)で、東大からは井澤・鈴木健松岡泰・梅林・宮﨑・阿久津の6人が選出。また四国ゆかりの選手が意外に少なく、村上・浦のリーグ戦経験豊富な法政の2人に留まりました。
メンバーが両チーム20人ずつに限定されており完全に平常とまでは言えませんが、ともかくオールスターが戻ってきたのは何よりの朗報。第1回オールスター以来12年ぶりの松山を大いに楽しみたいですね!