高校野球独自大会・都市対抗予選と無観客だったハマスタがついに観客を受け入れるということで神奈川リーグに行ってきました。余裕を持ったつもりで8時半に家を出たのですが、着いてみるとスロープの下まで続く行列…。ようやくスタンドに入ったときには既に第1試合が始まっていました。
第1試合は横浜商大vs桐蔭横浜大。商大は藤村、桐蔭は片山の左腕対決で始まった試合は2回に桐蔭が森下のタイムリーで先制すると、3回には吉田賢の犠飛で追加点。しかし商大も4回先頭の小田桐がバックスクリーン横に飛び込むソロで反撃の狼煙を挙げると、4回には鷲田のタイムリーで同点に追いつきます。
その後6回に桐蔭が瀬戸のタイムリーで勝ち越して試合は終盤へ。迎えた8回表、商大は簡単に2アウトを奪われるも、小田桐がしぶとくショート後方に落とし、浅賀須田も続いて満塁。野道を迎えて片山はギアを上げるも、決めに来た146km/hがボールと判定されると、フルカンから高めに外れて押し出し、同点…。片山はここで降板し森屋にスイッチも、続く粟田がレフト前に勝ち越しの2点タイムリー!この試合初めて勝ち越した商大は9回にも押し出しと併殺崩れでダメ押しの2点を挙げ、裏を藤村が抑えて完投勝利。終盤に集中力を見せた商大に軍配が上がりました。


続く第2試合は関東学院大vs鶴見大。昨秋優勝の関学は1番国崎と6番大河内が1年生ながらスタメン、一方3年ぶりの1部復帰を果たした鶴見はクリーンナップがすべて佐藤という重厚打線で挑みました。鶴見大の先発は昨秋2部で最優秀投手に輝いた桒野でしたが、関学は2回に松井の2ランで先制すると、4回には黒田タイムリーと松井の犠飛で2点を追加し鶴見を突き放します。
しかし鶴見も5回に細谷の犠飛、6回にはゴロの間に1点を返して詰め寄ると、2番手代田が関学打線の勢いを止め、9回の関学の攻撃もはや2アウト。そして関にフライを打たせ…るも太陽が目に入ったかライトがまさかの落球。チェンジのはずがタイムリーエラーとなると、関学はこの隙を見逃さず冨田2点タイムリー内野安打、押し出し、川端タイムリーと畳みかけてこの回5点を追加。関学先発の嶋田は8回2失点でまとめ、9回は佐取が無失点に抑えて試合終了。関東学院大が優勝校の実力を見せつけました。


最後の第3試合は神奈川工大vs神奈川大、先発は古堀と前田。序盤は毎回3人で攻撃を終える工大に対して神大は得点圏に走者を進め押し気味の展開。しかしあと一本が出ずに得点を逃し続けているうちに、工大は5回熱田が左中間を破る2ベースで出塁すると、早坂のタイムリーで先制点を挙げます。
後半に入ってもバックの堅い守りを背に無失点を続けていた古堀でしたが、8回梶原にフェンス直撃の2ベースを許すと、土井の打ち取った当たりが内野安打となり1死1・2塁…。長打が出れば逆転のピンチを背負うも、後続を二飛遊ゴロに打ち取って無失点!すると直後の攻撃で熱田がこの試合4安打目となるタイムリーを放ち、待望の追加点をもたらします。
心強い援護を受けた古堀はその裏を三者連続三振で締めて完封。神奈川工大が開幕から連勝で単独首位に躍り出ました。

(詳細は後ほど)

法大 - 東大 2回戦
H 214 100 101 10
T 000 100 000 1
H ◯高田孝-尾崎-三浦
T ●西山-平山-小宗-横山-奥野

50安打への道

石元(4年) 本日 2安打 → 通算 20安打
武隈(4年) 本日 1安打 → 通算 18安打
大音(3年) 本日 1安打 → 通算 13安打
安田(3年) 本日 2安打 → 通算 6安打
岡(4年) 本日 1安打 → 通算 29安打

100奪三振への道

西山(2年) 本日 1奪三振 → 通算 4奪三振
平山(4年) 本日 2奪三振 → 通算 7奪三振
小宗(3年) 本日 1奪三振 → 通算 9奪三振

真夏の春季リーグ戦から1ヶ月で迎えた秋季リーグ戦。社会人対抗戦からスタメンを変えず、春に続いて開幕投手を任された井澤でしたが2回に羽根2ベースから送られ1死3塁。今までなら前進守備のケースでしたが今回は通常シフトで対応、後続を三ゴロ左飛に打ち取り見事ピンチ脱出!しかし3回にも鈴木2ベースから送られ1死3塁、またも通常シフトで対応も永廣に犠飛を打たれると、2死走者無しから四球と村田タイムリーでさらに失点、2点の先制を許してしまいます。
法政先発鈴木の前に4回まで無得点の打線は5回1死から代打井上慶が三遊間の深いゴロで懸命に走り内野安打をもぎ取ると、代走中井が今年チーム初の盗塁成功。さらに梅山のゴロがエラーを誘って2死1・3塁とチャンスが広がると、投球がバウンドしてダートサークルから出た隙を見逃さず中井生還!その裏暴投で1点を失うものの、井澤は自己最長の6回を投げ3失点と試合を作ります。
そして2点ビハインドのまま迎えた8回、先頭の笠原がこの日初めて外野に抜けるライト前ヒットで出るとすかさず盗塁を決め、水越の二邪飛で判断良くタッチアップし1死3塁。続く石元の打球はレフト正面のライナー、浅めの当たりも笠原はホームに突入、ジャンプしたキャッチャーの下を掻い潜るスライディングでセーフ!好走塁で再び1点差に詰め寄ります。
しかし代わった山下輝に後続を断たれると、その裏四死球とバントで1死2・3塁のピンチ。ここでついに前進守備を解禁も、大柿にライト前に落ちるタイムリーを浴び追加点を許してしまいます。9回も続投の山下輝の前に無得点に終わり、足で得た2点も空しく惜敗に終わりました。

東大 - 法大 1回戦
T 000 010 010 2
H 002 010 01X 4
T ●井澤-小宗-奥野
H ◯鈴木-山下輝

50安打への道

笠原(4年) 本日 1安打 → 通算 24安打
大音(3年) 本日 1安打 → 通算 12安打
井上慶(3年) 本日 1安打 → 通算 6安打

100奪三振への道

井澤(2年) 本日 4奪三振 → 通算 13奪三振



続く第2試合はM-W、予想通り入江と早川の先発で始まった試合はともに最速150超えの投げ合い。しかし早稲田は初回岩本丸山の連続タイムリーで先制すると、5回にも4点を挙げ入江をこの回限りでKO。ベンチを外れた中川卓・蛭間に代わり起用された丸山・野村の活躍で、序盤から大量リードを奪います。
一方の早川は初回西川にヒットを許して以降は走者すら許さない圧巻の投球。球速こそ最速152km/hと抑え目も順調に三振を積み重ね、9回2死までで16奪三振。自身初の完封も目前でしたが、力んだか藤江をこの日初めての四球で歩かせると、初回ヒットの西川にタイムリー2ベースを許し完封消滅…。しかし最後は丸山を三振に仕留めゲームセット、圧巻の17Kで早稲田が開幕戦を制しました。

早大 - 東大
W 103 021 002 9
T 000 000 000 0
W ◯西垣-森田直-田中星-山下-柴田
T ●平山-小宗-横山-井澤-西山

50安打への道

武隈(4年) 本日 1安打 → 通算 17安打
森末(3年) 本日 1安打 → 通算 3安打

100奪三振への道

平山(4年) 本日 2奪三振 → 通算 5奪三振
小宗(3年) 本日 1奪三振 → 通算 8奪三振
横山(4年) 本日 1奪三振 → 通算 5奪三振
井澤(2年) 本日 3奪三振 → 通算 9奪三振
西山(2年) 本日 1奪三振 → 通算 3奪三振

明大 - 東大
M 500 101 002 9
T 000 100 000 1
M ◯高橋-宮内-西城
T ●西山-横山-井澤-松田

50安打への道

宮崎(2年) 本日 2安打 → 通算 4安打
武隈(4年) 本日 2安打 → 通算 16安打
大音(3年) 本日 1安打 → 通算 11安打
井上慶(3年) 本日 1安打 → 通算 5安打
林遼(2年) 本日 1安打 → 通算 1安打 (NEW!)

100奪三振への道

横山(4年) 本日 1奪三振 → 通算 4奪三振
井澤(2年) 本日 2奪三振 → 通算 6奪三振
松田(4年) 本日 1奪三振 → 通算 3奪三振

立大 - 東大
R 600 103 020 12
T 002 000 010 3
R 中崎-◯宮海-小幡-赤嶺-南田-栗尾
T ●井澤-野村-松田-横山-小宗-西山

50安打への道

笠原(4年) 本日 1安打 → 通算 23安打
宮崎(2年) 本日 1安打 → 通算 2安打
石元(4年) 本日 1安打 → 通算 18安打
武隈(4年) 本日 1安打 → 通算 14安打
大音(3年) 本日 1安打 → 通算 10安打
水越(3年) 本日 1安打 → 通算 3安打
安田(3年) 本日 1安打 → 通算 4安打

100奪三振への道

野村(4年) 本日 3奪三振 → 通算 3奪三振 (NEW!)
松田(4年) 本日 1奪三振 → 通算 2奪三振
横山(4年) 本日 2奪三振 → 通算 3奪三振
西山(2年) 本日 1奪三振 → 通算 2奪三振

東大 - 法大
T 000 000 030 3
H 000 410 01X 6
T ●西山-小宗-横山-松田
H ◯鈴木-落合-三浦-山下輝

50安打への道

笠原(4年) 本日 1安打 → 通算 22安打
井上慶(3年) 本日 1安打 → 通算 4安打
武隈(4年) 本日 1安打 → 通算 13安打
中井(2年) 本日 1安打 → 通算 3安打
水越(3年) 本日 1安打 → 通算 2安打
松岡泰(2年) 本日 1安打 → 通算 1安打 (NEW!)

100奪三振への道

西山(2年) 本日 1奪三振 → 通算 1奪三振 (NEW!)
横山(4年) 本日 1奪三振 → 通算 1奪三振 (NEW!)