(詳細は後ほど)

東大 - 明大 2回戦
T 000 000 000 0
M 004 202 00X 8
T ●坂口-小宗-大久保
M ○伊勢-竹田-入江-長江

50安打への道

青山(4年) 本日 1安打 → 通算 8安打
石元(3年) 本日 1安打 → 通算 9安打

100奪三振への道

小宗(2年) 本日 2奪三振 → 通算 4奪三振
大久保(2年) 本日 3奪三振 → 通算 4奪三振

岡理事長による6校それぞれへのエールが印象的だった開会式の後、待ちに待ったリーグ戦がスタート。春からガラッとメンバーを入れ替え、さらには森下を5番に置いた明治に対し、東大は松岡がスタメンマスク!開幕投手に復帰した小林大の力をうまく引き出し、3回の1死1・2塁も添田を6-4-3に仕留めてピンチ脱出!素晴らしい立ち上がりを見せます。
一方打線は初回連続死球で1・2塁のチャンスを逃すも、4回先頭の梅山がライトに大飛球。これは惜しくもフェンス際で捕らえられましたが、続く石元がならばとライナーでスタンドイン!明治戦2試合連続となるホームランで先制に成功します。
援護を受けた小林大は5回も無失点で抑え、いよいよ勝利が現実のものとなりつつあった6回。先頭の添田をセンター前で出すと、続く喜多はなんとバント。選手権ではホームランも放っている4番だけに意外でしたが、続く森下への初球を捉えられ、左中間を破られる同点タイムリー…。さらに和田にもタイムリーを許し勝ち越しを許してしまいます。
それでもさらなる失点は阻止して7回へ。先頭石元がセンター前、続く山下朋がしっかり送って1死2塁。5回の明治と同じく投手の前でバントを決めると、小林大も期待に応え、三遊間をゴロで抜いて1・3塁!ここがチャンスと見て全員集合、松岡に代打岡を起用も森下のカーブの前に空振り三振、辻居遊ゴロで気迫のヘッスラも無得点…。しかし続く8回先頭の新堀がショート強襲ヒットで出塁、好判断で2塁を陥れると、4番復帰の青山が右中間を真っ二つに切り裂く同点タイムリー!森下を捕らえて同点に追いつきます。
捕手が大音に代わっても小林大の好投は続き、試合はそのまま延長へ。途中から守備に入ったファースト廣納、セカンド早川のファインプレーで明治打線の勢いを止め、一方の森下も11回に152km/hを出す気迫のピッチングで、ついに12回に突入。先頭の内山を二ゴロに打ち取るも、岡本蓑尾の1年生コンビに連打を許し、1・3塁のピンチ。ここが踏ん張りどころでしたが、続く公家にセンターに打ち上げられ犠飛…。さらに送球乱れる間に蓑尾に3塁に進まれると、陶山にセカンド前へのプッシュバントタイムリーを決められ、痛い4点目を与えてしまいます。
それでも続くピンチは凌ぎ、最終回の攻撃に代打攻勢を掛けるも、森下の前に3人で抑えられ試合終了…。小林大は 鈴木優 以来の12回完投も報われず、惜しい星を落としました。

明大 - 東大 1回戦
M 000 002 000 002 4
T 000 100 010 000 2
M ○森下
T ●小林大

50安打への道

新堀(4年) 本日 1安打 → 通算 17安打
武隈(3年) 本日 1安打 → 通算 9安打
青山(4年) 本日 1安打 → 通算 7安打
石元(3年) 本日 2安打 (1HR) → 通算 8安打 (2HR)
小林大(4年) 本日 2安打 → 通算 10安打

100奪三振への道

小林大(4年) 本日 3奪三振 → 通算 72奪三振



続く第2試合のH-W、高田孝と早川の先発で始まった試合は投手戦の様相を呈して0-0で中盤に入るも、4回に法政が2死1・2塁から相馬のライト前タイムリーで先制。援護を受けた高田孝でしたが、6回に代打を出され降板。ここまで2安打無失点と好投が続いていただけに思い切った采配で、2番手の石川が連続四球で1死1・2塁、続く加藤にも3ボールとするも、我慢比べの末に4-6-3。3番手の柏野は蛭間の2ベースと振り逃げで2死1・3塁とするも田口を右飛。綱渡りの継投が続きましたが、4番手の新井は先頭吉澤を二ゴロに打ち取ると、中川卓福岡の左打者に何もさせずに連続三振!流れを一気に引き込むと、9回は三浦が3人で抑えて法政が逃げ切り。青木監督の復帰初戦を飾りました。

今の大学4年生が高校3年生だった年 に始まり、すっかり恒例行事として定着した感のある高校代表vs大学代表の壮行試合。高校の先発は佐々木、ついに大勢の観客の前に姿を現すとストレートは150中盤を連発、変化球もキレキレ。宇草を左飛、小川柳町を連続三振に打ち取り、1イニングだけながらその実力を大いに知らしめました。
大学の先発は森下暢。初回はサクッと3人で抑えて大学のレベルを見せつけたものの、2回先頭石川のフライをセンター丸山が目測を誤って2塁打としてしまうと、続く遠藤の打席でキャッチャーからの牽制球がセンターに抜け、しかも丸山が処理にもたつく間に石川生還…。ノーヒットで1点を失うと、4回には大学3番手の村上が3本のセンター前ヒットを浴びて追加点を許します。
2回以降も高校2番手の宮城を打ちあぐんでいた大学打線でしたが、3イニング目に入った4回に先頭柳町のスライスするフライをレフト遠藤が捕れず2ベースとなって出ると、牧・佐藤都のタイムリーで追いつき、さらに海野がレフトに勝ち越しホームラン!ようやく逆転したものの、直後に登板した4番手内間がピリッとせず、坂下に四球を与えるなどで2死1・2塁のピンチを招くと、石川に左中間フェンス直撃のタイムリー2ベースを浴び再逆転。回の途中で代えられる憂き目に遭います。
正直予想外の展開で後半を迎えましたが、6回先頭の牧がレフトにソロを放ち同点。さらに7回先頭の代打篠原がセンター前、さらにバウンドが突っ込んできたセンター森の頭を越える間に2塁を陥れると、代打竹村一ゴロで1死3塁となったところで高校は西から林に継投。宇草を歩かせるも、小川のゴロを前進守備で掴んだショート熊田が2塁に転送、6-4-3と渡ってゲッツー!守備の好判断の前に、大学は絶好の勝ち越しチャンスを阻まれます。
そして同点のまま試合は9回へ。大学は伊藤で締めにかかるも、高校は先頭の代打武岡がライト線への2ベースで出塁、熊田の三ゴロで1死3塁。勝ち越しの大チャンスに山瀬はスクイズを失敗して追い込まれるも、諦めずスリーバントスクイズを決めて勝ち越し!1点のリードを奪って9回裏に入り、高校のマウンドは2イニング目の飯塚。先頭の佐藤都を空振り三振に打ち取り、続く古川も三振…もキャッチャー捕れず1塁に生きると、暴投で進塁の後篠原がセンター前タイムリー!起死回生の一打で追いつき、さらに三盗を決めて1死3塁とサヨナラのチャンスも、竹村三振の後宇草が申告敬遠で歩かされ、最後は児玉がこのイニング4つ目の三振に終わり引き分け。球場全体が大金星を期待する中、辛うじて生田監督のメンツも保たれました。

富山の旅 最終日

オールスターの記事が一面に載った北日本新聞を買い、電鉄富山から特急立山に乗ってこの日の行動開始。岩峅寺を過ぎたあたりから徐々に山岳地帯の様相を呈し、途中常願寺川を横切るところで減速して芳見橋を見せてくれる粋な演出に見とれているうちに、終点の立山に到着。
  

ここからアルペンルートの始まり。まずはケーブルカーで一気に高度を上げて美女平に到着、先週のバンクーバーのような涼しさに感動…する間もなくバスに乗り換え。
 

バスが出発して間もなくスマホは圏外に。景色を見ようにも道の両側を木々に囲まれる退屈な展開がしばらく続きましたが、森林限界が近づくにつれて見通しが良くなり、ルート中最高地点、標高2,450mの室堂に到着。
  

登山ガチ勢はここからさらに高みを目指す一方、我らエンジョイ勢は近くのミクリガ池をぐるっと一周。外気温は10℃と涼しいを通り越してもはや寒く、近くの地獄谷からはその名の通りの硫黄臭が漂う中、ミクリガ池はただ静かに澄み切った水を湛えていました。
 

ここからは高度を下げていく区間トロリーバス大観峰に出て、ロープウェイで黒部平へ。ちょうどお腹が空いてきたので、「立山」の字が書かれた蒲鉾が添えられた黒部源流そばをいただきました。
   

腹を満たしてケーブルカーで黒部湖へ。以前 11月に長野側から乗り込んで返り討ちに遭い、撤退を余儀なくされた地に再訪を果たすことが出来ました。近くには晩秋とは正反対に穏やかな夏の黒部湖を航行する遊覧船の乗り場もありましたが、時間の都合上スルーし、トロリーバスに代わって登場した電気バスで県境を越えて扇沢に到着。2年越しのアルペンルートを完走しました。
 

しかしそのまま帰るにはまだ早い時間ということで、北松本で降りて松本城に寄ってみることに。夏休み期間中だけあって入城までに20分待ちでしたが、その間にスタッフの方が松本城に関するクイズを出してくれたりと飽きさせない工夫が◎。ネタバレは避けますが三択と思わせて多答だったというトラップにまんまと嵌められているうちに、ようやく順番が来て入城。急な階段を登り続けて最上層の6階から見下ろす眺めは絶景で、さすが国宝と唸るばかりでした。
   

最後に楽市楽座で長野行脚の足跡を残し、満員のあずさで帰路に。帰宅して今回の旅が終わるとともに、考えたくもないほどの金額を使った夏休みも終わりました。
  

オールスターゲーム2019 in 富山

先発は立山レンポーズ(明立法)が杉下、富山ワーンズ(慶早東)が高橋。杉下の立ち上がりはコントロールに苦しむも先頭の柳町を二ゴロに打ち取ると落ち着き、2回をパーフェクト。富山勢として見事な投球を見せると、3回は三浦が三者凡退。一方の富山も高橋から佐藤→津留崎の慶應リレーで3回をパーフェクトに抑えます。
そして迎えた4回表、立山3番手の中川颯に対して1アウトから岡がセンター前ヒット!この試合初めての走者となるも、直後に青山が4-6-3…。するとその裏、2イニング目の津留崎に対して2死から伊藤喜多の連打でチャンスを作ると、暴投で立山が先制点を挙げます。
そして5回裏にキャッチャーで大音が入り、同時に柳川が凱旋登板!先頭の藤野をセンター前で出し、続く内山の遊ゴロで走者入れ替わった後盗塁を許して1死2塁のピンチも、宮崎を中飛、丸山も中飛に打ち取り無失点!故郷に錦を飾る活躍を見せ、大歓声を受けてベンチに迎えられました。続く6回は坂口が登板、北本二飛、江藤一ゴロ・安本遊ゴロとわずか6球で三者凡退!まるで大エースのような貫禄を漂わせ、悠然とベンチに戻りました。
そして試合は終盤へ。7回裏のマウンドには早川が登るも、いきなり山田福田に連続2ベースを浴びると、1死後宇草添田にも連打…。たまらず大久保監督がマウンドに向かうと、どうにか立ち直って後続を抑え、2点で食い止めます。そして8回は徳山。キャッチャーは途中から福井に交代しており、ここに大阪桐蔭センバツ優勝バッテリーが実現しました。徳山は江藤を一飛、安本を二飛に打ち取り、打席には山田。バッテリーに加えてバッターまで大阪桐蔭という贅沢な対決は中飛で徳山に軍配が上がりました。
そのまま3点リードで試合は9回へ。2イニング目の森下に対し先頭の武隈が技ありのライト前で出塁し反撃の狼煙を上げるも、富山勢で急遽参戦の代打村上がよく食らいつくも空振り三振。中村も三振、郡司も中飛に倒れ試合終了、立山が完封リレーで富山を下しました。

記念撮影を見届けた後、大分涼しくなっていたので東富山まで歩いてみることに。道も素直で難なく到着…と思いきや、入口が線路の向こう側にしか存在せず、踏切も近くには見当たらず。結局そこまでの道と同じくらいの時間をかけて大回りする羽目になりました。
  

富山駅に戻ってチェックインを済ませ、いざお待ちかねの寿司タイム。僅か5,808円で新鮮な海の幸を堪能し、天にも昇る心地のまま就寝。最終日に続きます。
   

富山の旅 2日目

朝風呂を浴びて朝食をいただき、宇奈月駅2階の展示スペースで黒部の歴史やももクロヘッドマークなどを眺めてからこの日の行動開始。特急アルペンで1時間ほど、4番線まであり富山地鉄が誇る一大拠点であるところの寺田で下車。
   

普通に行けばすぐ富山駅に着くところ、乗りつぶしも兼ねて岩峅寺経由で南富山へ。アピナで富山行脚の足跡を残し、続いては逆方向へ向かうと、須川の出身校が目の前に。A先生の出身校は 10年前 に、荻田・舘・柳川の出身校は 5年前 に既訪なので、これで目出度く御三家制覇。市内線で富山駅に向かい、ブラックラーメンで一息つきました。
   

ラーメンをいただきながら次の行程をチェック。富山駅から出るバスは時間が合わず、東富山から歩く覚悟を決めつつツイッターを見ていたところ、競輪場からシャトルバスが出ているとの情報が!急遽予定を変更、市内線と繋げる準備真っ盛りの富山駅北からライトレールに乗り、競輪場駅からは何枚も看板が立っており迷うことなくバスに乗車。程なく田んぼの向こうに球場が見え、あのコラレスもプレーした由緒正しきアルペンスタジアムに到着しました。
   

富山の旅 1日目

帰国して2日間で大分疲れも取れたのでいざ富山へ。お盆も終わった平日だしはくたか自由席でも大丈夫だろうと高を括っていたのですが、ホームに着いてみると長蛇の列…。何とか席を確保できたものの、東京を出発した時点で既に満席、大宮から乗ってきた人は立ちっぱなしを余儀なくされていました。どうやら乗客の大半は軽井沢目当てだったようで一気に空き、北陸のハリウッドこと「名水の里 黒部」が見えて間もなく黒部宇奈月温泉駅で下車。富山地方鉄道に乗り換えて終点の宇奈月温泉に到着しました。
   

レストランで白エビカレーをいただき、いざトロッコ列車へ。風が吹き付けスリル満点な中を黒部川に沿って遡り、黒薙を過ぎて以降は駅の周辺以外電波が届かなくなったのでじっと景色に集中。雄大な山々やダムに見とれているうちに、終点の欅平に到着。
   

欅平の駅舎を出て遊歩道を歩いてみると、聞こえるのは川のせせらぎと虫の鳴き声のみ。この頃下界はAWSの障害で阿鼻叫喚だったようですが、そんなことは何も関係なく山奥の大自然を満喫していました。今はまだ行き止まりですが、2024年度にはここから黒部ダムに抜けるルートが一般開放されるとのことで、そのときにまた来たいですね。
 

そして宇奈月に戻り、チェックインを済ませて地ビール片手に街中の足湯へ。心ゆくまで権利の濫用を楽しみ、すっかり出来上がったところで宿に戻って就寝。明日に続きます。