当初は神宮でスワレージを引き換えてから東京ドームに向かう予定でしたが、あまりの行列の前に断念。日本一記念の巾着とシールのみ購入し、第2試合の大阪ガスvsJFE東日本を観てきました。大ガスが秋山、JFEがハナマウイから補強の平野の先発で始まった試合は大ガスが2回表2死3塁、3回表2死満塁、4回表2死1・2塁、5回表2死2塁と再三チャンスを作るも後続倒れ無得点。一方のJFEも4回裏に鳥巣の初ヒットを皮切りに1死満塁も峯本が3-2-3。互いに決め手を欠き、0-0のまま試合は後半に入ります。
平野から高橋、林と小刻みな継投を繰り出すJFEに対し、大ガスは秋山が投げ続けて迎えた7回裏、JFEは先頭の平山快が死球で出塁。峯本が送って1死2塁となったところで大ガスベンチが動き、秋山が降板。日本生命から補強の高橋拓がリリーフも、猪田を歩かせ、関に三遊間を破られ満塁。さらに山田和に押し出しの死球を与えて先制を許し、1死も取れずにKOの憂き目に遭います。なお満塁のピンチは阪本がライナーゲッツーで凌ぎ、味方打線の奮起を促すも、8・9回と続投の林の前に三凡に抑えられ試合終了。大ガス4番の末包を4三振と完璧に抑えたJFE東日本が1点を守り切り、準々決勝に進みました。

日本シリーズも昨日で終わり、いよいよ今年の野球の最後を飾る都市対抗が開幕しました。今市隆二氏のスペシャルサポーター就任効果で完売となった開幕戦をライブ配信で見届けた後、第3試合の日本製鉄かずさマジックvs西濃運輸のために今年初の東京ドームへ。かずさが山本、西濃が船迫の先発で始まった試合は3回かずさが田中のソロで先制も、西濃は4回1アウトから原田が絶妙なセーフティを決め、伊礼のレフト線タイムリーで生還して追いつきます。
そして5回裏の西濃の攻撃は先頭の小室が死球で出たところで、かずさは山本から橘にスイッチ。送られた後柏木のレフト前で1死1・3塁も住谷を6-4-3に打ち取りピンチを脱すると、6回の1死1・2塁も谷を4-6-3に仕留め、2年連続優勝の経験を見せつけます。一方の西濃も6回から山下に継投、この回の2死2塁は抑えたものの、回跨ぎの7回に1死3塁とされると、またも田中にタイムリーで勝ち越しを許してしまいます。さらに関に右中間を破られ降板、池田が火消しに向かうも、満塁から奈良原が右中間を破る走者一掃のタイムリー3ベース。かずさが一挙に4点を勝ち越します。
援護を受けた橘はそのまま続投。8回守備の乱れで1死満塁のピンチを背負うも谷の犠飛による1点で凌ぐと、9回には住谷にタイムリーを許し2点差まで追い上げられるも最後は北野を三振に打ち取り試合終了。ともに3年ぶりの出場となった対決はかずさマジックが制し、渡辺俊介監督が初勝利を挙げました。

3年ぶりに埼玉会館で行われた淡青祭を見てきました。残念ながら今年も観客が声援を送ることは出来ませんでしたが、進行の随所に工夫が凝らされ大盛り上がりの4時間弱。特に勝利の拍手は事前にリーグ戦でバッチリ演じていたこともあり、一段と勝利を体現しているかのようでした。
昨年に立てた願望 は実現しなかったものの、来年こそはリーグ戦同様従来のシステムに戻ってくれるはず。応援部と観客が一体となった応援が待ち遠しいですね!

第五十二回明治神宮野球大会 大学の部決勝戦

慶應中央学院による決勝戦。中院の先発は畔柳も、慶應は初回渡部遼四球から萩尾がライトに先制2ラン!2回にも朝日がセーフティを決めて揺さぶり畔柳を降板に追い込むと、代わった清水からまたも萩尾が2点タイムリー!序盤で4点のリードを奪い、慶應先発の増居を援護します。
増居は1・2回と走者を出すも後続を併殺、3回は三者凡退と順調な立ち上がりも、4回先頭から武田佐藤の連打で1点を失うと、2死満塁から押し出し…。続く投手ながら力強いスイングを見せる古田島を三振に打ち取って2点で凌ぎ、直後の攻撃で古田島のバックネットに突き刺さる大暴投で一旦は突き放すも、その裏佐藤に左中間への特大2ランを浴び1点差に迫られたところで降板。後を長谷川が凌ぎ、後半に入ります。
そして6回表を上原に抑えられた裏、生井が登板。しかし1アウトから仲俣ヒットと連続四球で満塁となり、武田に左中間を破られる走者一掃の逆転タイムリーでKO…。森田が大会初登板も、高く浮くばかりの6球連続ボールで降板。急遽渡部淳がリリーフも、再びの満塁から度会に2点タイムリー。中院に5点のビッグイニングを作られます。
この試合初めてリードを得た中院は7回から山﨑を投入して締めにかかるも、代わり端を廣瀬がバックスクリーン直撃弾!さらに朝日の犠飛、8回には橋本のタイムリーと着実に追い上げると、リーグ戦未登板ながらメンバーに抜擢された森下が7・8回と無失点に抑え、1点を追って最終回を迎えます。
そして9回、3イニング目の山﨑に対し先頭朝日がセンター前、代打宮尾がバスターでレフト前に運び無死1・2塁。打順が1番に還るも、渡部遼はセンターフライで脚力を発揮できず。続く萩尾はピッチャーゴロ、1-6-3と渡って中院メンバーは一斉にベンチを飛び出すも、一塁塁審の判定はセーフ。すごすごとベンチに戻り、2死1・3塁で試合再開。昨日サヨナラホームランの下山に託すも2球目をライトフライ、嘉数が掴んで試合終了!中央学院が大会初優勝、千葉県リーグとしても初の全国優勝を果たしました。

この秋の中央学院は1勝3敗からのスタート。入れ替え戦も頭をよぎった状態から6連勝でリーグ戦を制すると、横浜市長杯も東海大を叩きのめすなど3連勝で第一代表。そして神宮大会も東都六大学を連破して3連勝、怒涛の12連勝で頂点に上り詰めました。
一方の慶應はあと少しのところまで迫りながらも丸子の呪いを解くことが出来ず。連盟悲願の四冠達成は来年以降へ持ち越しとなりました。

第五十二回明治神宮野球大会 高校の部決勝戦

近畿地区代表の大阪桐蔭と中国地区代表の広陵による決勝戦大阪桐蔭が別所、広陵が森山の先発で始まった試合は1回裏1死1・3塁、2回表無死満塁、2回裏1死2・3塁と互いにチャンスを逃し続けて迎えた3回表、大阪桐蔭が丸山・田井・鈴木のタイムリーで4点を先制。4回には松尾の3ラン、5回には悪送球に付け込んで1点を追加し、前半で大量リードを奪います。
しかし広陵も5回、大阪桐蔭2番手の川井に6安打を浴びせKO。この回5点を奪い猛然と追い上げますが、大阪桐蔭も松尾のこの試合2本目のホームランなどで突き放し流れを渡さず。そして8回からは今大会ここまで13回17奪三振の前田を投入して締めにかかるも、広陵打線は三振を許さず、田上のタイムリーで意地を見せます。最終回も代打小林のヒットと四球で2死1・2塁と喰らいつくも、代打谷本が左飛に倒れ試合終了。大阪桐蔭が甲子園での輝かしい実績からすると意外にも思える大会初優勝を果たし、近畿地区に神宮枠をもたらしました。

これまで トークイベント やら直前の中止やらで縁が無かったオータムフレッシュリーグにようやく訪問が叶いました。今回の舞台は西ヶ谷球場。静岡駅からバスで安倍川を越えて運動場入口に到着…と思いきや野球場はバス停と逆の端。さらに10分ほど歩くことになり、入場時には既に1回表が終わっていました。
  

第1試合の相手は東海大海洋学部。海洋先発の須田に対し初回近藤四球、続く内田が三塁線を破るも2塁を回った近藤が躓き挟殺…。無得点に終わると、直後に先発の青木が高橋米山に連続タイムリーを許し2失点。その裏秀島のタイムリーと暴投で一旦は追いついたものの、3回またも飯田高橋に連続タイムリーで2失点。4回も続投するも、先頭から連続四球を与えたところで降板となります。2番手は平田、痛烈なピッチャー返しに良く反応するなどでこの回は1点で切り抜けるも、5回に投ゴロ野選で失点。なお2死1・3塁を近藤のダイビングキャッチで凌ぎ大量点こそ許さぬも、徐々にリードを広げられます。
須田に対し3・4回と無得点の打線は5回、先頭の内田が猛打賞となるレフト前で出塁すると、梅林が待望のライトオーバータイムリー!さらに2死から代打鈴木太が右中間を破るタイムリー!この回2点を返すと、海洋が2番手望月に代わった6回には四球で出た矢追が盗塁悪送球で3塁に進み、まんまと単独ホームスチールを成功させて2点差に追い上げます。
7回に入ったところで、時間制限によりこの回限りとのアナウンス。逆転サヨナラを狙いたいところでしたが、3番手の森岡が1死満塁のピンチを招き、犠飛と久保山のタイムリーで3失点。その裏を田久保→井内の継投の前に無得点に抑えられ試合終了となりました。

続く第2試合の相手は市立静岡高校。先発の中村薫は初回変化球を織り交ぜ3人で抑えるも、2回青山岸本の連続3ベースにスクイズで2失点。それでも裏にレフト前で出た平松が盗塁悪送球で3塁に進み、大巻のタイムリー内野安打で1点を返すと、中村薫も立ち直って3~5回を無失点。1時間で5回を終えてスコアも2-1、ここまでは9回まで出来そうなペースで進みます。
しかし6回からバッテリーを鈴木太-和田に代えたところ市静打線のタイミングが合い出し、ヒットか四球かの2択状態に。終いにはスクイズまでも内野安打となるなど、30分攻撃を受け続けて7失点。8回には小島が登板も連続四球とバントヒットで満塁として降板、急遽登板の長谷川大がセンターゴロと2本のタイムリーで3失点。打線も3回以降は無得点に終わり、点差コールドで試合終了となりました。

第3試合のカードは筑波大vs静岡大。筑波は2回に2四球とフライ落球での1死満塁から蟻川が犠飛を放ち、ノーヒットで先制すると、3回にも大貝タイムリーと藤代スクイズで2点を追加。投げても先発の左腕長曽我部が静大打線を5回まで無失点に抑えます。
グラウンド整備無しで後半に投入し、筑波は2番手の木口が6回を三者凡退に抑えると、直後にまたも大貝のタイムリーで2点を追加。その後時間制限で8回打ち切りとなることが確定し、筑波は3番手の田之口で締めにかかるも、このままでは終われない静大はヒット2本で1死1・3塁のチャンス。三振で2死となり、あと1人の場面で4番手の水野に継投も、まさかの暴投で完封を阻止。なお得点圏に走者が残るも、最後は代打湯山が空振り三振に倒れ試合終了。筑波大が逃げ切り、これにて3日間の全日程が無事終了しました。

チーム2022新体制

https://tokyo-bbc.net/
主将が松岡泰、副将が西山と宮﨑、主務が田中、副務が小野優と増田。今度こそ捕手の主将は山田聡以来15年ぶり、またエール出版社の合格体験記執筆者として(おそらく)史上初の主将就任となりました。
そして背番号の変更も同時に発表。番号の大小から期待の選手が何となく見えてきますが、一冬超えての急成長で、何時ぞやの明治を超える大きな背番号のリーグ戦出場にも期待したいですね!