依然未勝利の上茶谷に勝ちをつけるべく、今日は序盤から打線が奮起。ヤクルト先発石川の立ち上がりを攻め神里宮崎の連打からソトの犠飛で先制すると、3回にはまたもソトが今月初となる2ランで追加点。上茶谷も3回まで無失点とここまでは良い感じの展開でしたが、4回バレンティンに初ヒットを許すと、雄平を歩かせ、村上に3ランを被弾…。試合は振り出しに戻ります。
その直後の攻撃も先頭伊藤光が倒れ、ズルズル行きかねない流れでしたが、上茶谷の合わせた打球がセンターに抜けてプロ初ヒットとなると、神里も続いてチャンス到来。ここでヤクルトベンチが動き5回にして五十嵐投入も、宮崎がジャンプしたバレンティンの頭上を超えるタイムリー!さらにソトのゴロと筒香イムリーで3点を勝ち越します。
自らのバットで得点を呼び込んだ上茶谷は勝ち投手の権利を確保し、6回2死から1・2塁とされたところでお役御免。代わった砂田が火消しを果たすと、直後の攻撃で宮崎大和伊藤光とタイムリーの釣瓶打ち!バレンティンの無気力守備も手伝い、一気に5点を挙げて突き放します。
その裏登板のエスコバーが乱調も山田のゲッツーに助けられ3点で凌ぐと、8・9回は石田→三嶋の法政リレーで逃げ切り。上茶谷は7度目の正直で嬉しい初勝利、初ヒットと合わせ2つの記念ボールをゲットしました。
 

早川と三浦の先発で始まった第1試合のW-Hは0-0で迎えた7回表に先頭檜村がエラーで出塁、小藤送って1死2塁のチャンス。ここで今季打率最下位の中川卓が一二塁間を破り檜村本塁突入も、3塁を蹴る前にライトは返球しており余裕のタッチアウト…。先制点を逃し、早川も代打を出され無失点のまま降板となります。
早川降板後の7回裏は柴田が三者三振、8回も今西が簡単に2アウト。盤石の継投でこのまま9回突入…と思いきや、安本を迎えたところで徳山に交代。安本にとってはリーグ記録更新のラストチャンスとなる打席でしたが、無理に狙わずレフト線への2ベースで出ると、続く伊藤がライト線にタイムリー2ベース、さらに福田もライトオーバーのタイムリー2ベース。早稲田の継投を咎めて2点を奪うと、9回も三浦が0に抑え、完封で法政が先勝しました。


続いての第2試合、M-Kは勝ち点3同士の天王山。先攻の明治は慶應先発高橋佑の立ち上がりを攻め、添田丸山の連打から北本が三塁線を破り2点を先制。その後無得点が続くも、7回丸山の犠飛と内山タイムリーで2点を追加し、ついに高橋佑をKOします。
明治先発森下は6回まで無失点も徐々に慶應打線が捕らえ始め、7回下山タイムリー、8回には郡司の今季1号ソロで追い上げられると、内山2本目のタイムリーで3点差となった9回にも1・2塁のピンチ。たまらず善波監督がマウンドに向かうも続投、100安打リーチの柳町を中飛に打ち取ると、後続も抑えて逃げ切り。明治が優勝に一歩前進しました。

フレッシュリーグの先発は柳川。リーグ戦で得た経験を活かして1・2回を三者凡退に抑えると、FL魔の3回もヒット1本に抑え無失点。しかし4回先頭を遊ゴロも悪送球で出してしまうと、上田には恵まれた体格から火の出るような当たりのライト線2ベースを打たれ、続く山田に3ランを被弾…。それでも4回を投げ切ると、2番手の松田が緩い球を有効に使い、5回からの4イニングを上田の1安打のみの無失点に抑えます。
明治投手陣の前に7回まで伊津野のヒット2本に抑えられていた打線は8回に3四死球を得るも、ゲッツーが響き無得点。9回も先頭の齋藤周が三振に倒れますが、辻がレフトフェンスに届く2ベースで出ると、続く山崎が右中間真っ二つのタイムリー3ベース!FL今季初得点を挙げ、さらに高橋四球で1死1・3塁。この回から登板の松元を降板に追い込み、代わった渡部から辻村初球を打つも1-6-3と渡って試合終了…。1時間40分のスピード試合は前日のリーグ戦に続き惜敗に終わりました。


続いてリーグ戦の先発は小宗。前日の1回戦・直前のFLの勢いに乗っていきたいところでしたが、先頭添田を歩かせると、続く丸山に右中間を破られあっさり失点…。さらに北本タイムリー、四球で塁を埋めて西野に2点タイムリー。4点を失い、初回限りで降板となります。それでも2回はリーグ戦に復帰した小林瑶が併殺で無失点に抑えると、その裏明治先発の竹田から武隈笠原の連打でチャンスを作り、大音併殺崩れの間に1点を返します。
この回の攻撃で小林瑶は代打を出され降板、3回からは小林大。しかし先頭北本を死球で出すと、喜多のバントを大音が悪送球しオールセーフ…。続く内山にはバスターでファーストの頭を越されるタイムリー、さらに満塁から竹田2点タイムリー。序盤にして大量リードを許す苦しい展開となります。
それでも4回以降は徐々に良いときの投球を思い出し無失点を継続。援護したい打線でしたが3回2死1・3塁も岡三振、4回石元梅山の連打で1死1・3塁も山下朋5-4-3…。竹田を攻めあぐねているうちに5回で降板されると、6・7回は伊勢に抑えられ、6点差のまま試合は終盤に突入します。
そして迎えた8回裏。この回から明治は入江が登板も、先頭石元が高めを引っ張ると打球は一直線にライトスタンドに飛び込むリーグ戦初ホームラン!さらに山下朋辻居の連打、武隈四球で2死満塁と攻め立て入江を降板に追い込みます。急遽リリーフの磯村に対し、満を持して代打井上慶が登場。打球は快音を残して上昇!も伸びが足りず左飛で三者残塁…。最終回も磯村の前に三者凡退に終わり、母の日の勝利はなりませんでした。

明大 - 東大 2回戦
M 403 000 001 8
T 010 000 010 2
M ○竹田-伊勢-入江-磯村
T ●小宗-小林瑶-小林大

50安打への道

梅山(3年) 本日 1安打 → 通算 11安打
山下朋(4年) 本日 1安打 → 通算 15安打
辻居(4年) 本日 1安打 → 通算 39安打
武隈(3年) 本日 2安打 → 通算 6安打
笠原(3年) 本日 1安打 → 通算 14安打
石元(3年) 本日 2安打 (1HR) → 通算 4安打 (1HR)

100奪三振への道

小林大(4年) 本日 2奪三振 → 通算 61奪三振



続く第2試合のR-Wは立教先発江口に対して序盤から早稲田打線が激しく攻め立てるも、1回は2死満塁から小藤ニゴロ、2回は先頭山田がヒットで出塁も飛び出して刺され、その後2死1・3塁も金子右飛。3回には福岡加藤連打で無死1・2塁として江口を降板に追い込むも、代わった栗尾の前に檜村投直ゲッツー。3回までに7安打を浴びせながらも決め手を欠き無得点に終わると、先発西垣が5回に崩れ、江藤・山田にタイムリーを許して3点を失います。
先制した立教はすかさず中川を投入。7回に暴投で2塁から一気に還られ1点を失うも、最後まで投げきって逃げ切り。1勝1敗として勝ち点の行方は明日に持ち越されました。

ここまでの6試合で71失点、先発は一度も4回持たず。この非常事態に、全試合で中継ぎ登板を続けてきた坂口についに先発の白羽の矢が立ちました。その初回は添田を内野安打で出すも山下朋のファインプレーで切り抜けると、以降も山下朋・武隈の好守に支えられ無失点を続けます。
援護したい打線は2回武隈笠原の連打と死球で2死満塁も坂口三振、3回は梅山山下朋の連打で無死1・3塁も辻居一ゴロで本塁憤死の後連続三振…。絶好の先制機を逃し、その後も森下の前に三振の山を築くも、坂口も負けじと好投。徹底して低目を突き凡打を量産すると、中盤以降は三振も奪えるようになり、明治打線に付け入る隙を与えません。
そして0-0のまま試合は9回に入り、表の攻撃は安田武隈の連打から2死1・3塁と久しぶりのチャンス。打席には大音、ここまで18三振を奪われる中唯一スタメンで三振無しと期待が高まるも、三ゴロで無得点…。その裏坂口は喜多にヒットを許しサヨナラの走者を背負うも、代打岡本を空振り三振!ついに9回まで0を並べ切ります。
そして延長に入り、なおも続投する森下の前に森末坂口連続三振で20K、梅山も倒れ三者凡退。打席に立った坂口はその裏も当然続投、森下西野を打ち取り2死まで漕ぎ着けるも丸山左中間への2ベース。1塁が空いている状況で今日2安打の添田を迎え、バッテリーは勝負を選択するも、低目を弾き返されると打球は前進していたレフト土井の頭上を越すサヨナラタイムリー…。坂口はリーグ戦初先発にして前田以来 10年ぶり の補回という快挙も報われず、惜しすぎる試合を落としました。

東大 - 明大 1回戦
T 000 000 000 0 0
M 000 000 000 1X 1
T ●坂口
M ○森下

50安打への道

梅山(3年) 本日 1安打 → 通算 10安打
山下朋(4年) 本日 1安打 → 通算 14安打
安田(2年) 本日 1安打 → 通算 3安打
武隈(3年) 本日 2安打 → 通算 5安打
笠原(3年) 本日 1安打 → 通算 13安打

100奪三振への道

坂口(4年) 本日 6奪三振 → 通算 11奪三振

フレッシュリーグの先発は早稲田戦に引き続き小林瑶でしたが、またしても3回に走者を溜めると、連打に落球・後逸・悪送球などのミスも絡み大量失点。終いには上田に3ランを浴び、9点ものビッグイニングを作られてしまいます。その後は松田→横山のリレーで追加点を阻止しダブルヘッダーでは初めて9回突入するも、打線は四球などで得たチャンスを活かすことができず、早稲田戦に続き完封負けを喫しました。


続いてリーグ戦の先発は小林大。1週空いて出直しの登板でしたがこの日も初回から苦しみ、郡司のタイムリーで先制を許すと、嶋田にはカウントを悪くした末に3ランを被弾。2回には中村タイムリー、3回には正木に右中間へ軽々と運ばれる2ランで、3回持たずKO…。代わって大久保がリーグ戦初登板、大音との湘南バッテリーで小原を三振に打ち取り、さらに田中啓が後続を断つも、4回から登板の坂口が4・5回に2点ずつ失う厳しい展開となります。
6・7回は無失点に抑えたものの、8回に登板した柳川が福井にタイムリーを許し、この処理で辻居が負傷。復帰したものの、瀬戸西のライナーを追い切れず頭上を越され、さらには3塁進塁を刺そうとした松岡の送球が逸れて無人のレフトへ…。瀬戸西まで還られてしまい、さらに4点を追加されます。
打線は荒れ模様の慶應先発木澤に対し初回無死1・2塁、2回1死満塁のチャンスも後続倒れ無得点。木澤に4回で降りられて以降は慶應リリーフ陣のそれぞれテーマを持った投球の前に手が出ず、開幕戦以来の完封負けを喫しました。

東大 - 慶大 2回戦
T 000 000 000 0
K 412 220 04X 15
T ●小林大-大久保-田中啓-坂口-平山-柳川
K 木澤-佐藤-○津留崎-森田晃-増居

50安打への道

山下朋(4年) 本日 1安打 → 通算 13安打
辻居(4年) 本日 1安打 → 通算 38安打
大音(2年) 本日 1安打 → 通算 4安打

100奪三振への道

小林大(4年) 本日 1奪三振 → 通算 59奪三振
大久保(2年) 本日 1奪三振 → 通算 1奪三振 (NEW!)
坂口(4年) 本日 2奪三振 → 通算 5奪三振
平山(3年) 本日 1奪三振 → 通算 2奪三振

続く第2試合のR-H、江口と三浦の先発で始まった試合は初回立教が山田の2ランで先制も、法政は3回執拗なバント攻勢で江口を揺さぶり、宇草・安本のタイムリーで逆転し江口をKO。代わった手塚に対しても1死満塁と押せ押せの展開も、福田が痛恨のゲッツー…。絶好のチャンスを逃すと、直後に三浦が押し出しと鷲津2点タイムリーで再逆転を許し、この回で降板。両先発が早い回でマウンドを降ります。
立教の3番手はリーグ戦初登板の栗尾。躍動感溢れるフォームで4回は三者凡退に抑えるも、5回安本が左中間最深部に2ラン!岩見に並ぶ5試合連続の連盟タイ記録で同点に追いつきます。
ここまではシーソーゲームの展開も、内沢と中川の投げ合いとなった6回以降は一転ゼロ行進に。同点のまま9回に入り、法政は4番手朝山が登板も、立教は1死1・3塁のチャンス。ここで本日大当たりの山田は叩きつけたゴロ、ホームで刺すべく福田猛ダッシュも捕れず、センター前に抜ける勝ち越しタイムリー!さらに三井・中嶋にもタイムリーが飛び出しこの回4点、朝山を完膚無きまでに叩きのめすと、その裏を中崎が抑えて逃げ切り。立教が今季初の勝ち点を挙げました。

元号が代わり巻き返しと行きたいところでしたが、笠原奥野がベンチ外という非常事態…。ショートには堤が入り、また松岡が1年生の先陣を切ってベンチ入りを果たしました。そして先発は小宗、初の第1戦先発は初回四球四球死球で1死満塁の大ピンチも正木を5-4-3に仕留め切り抜けると、その裏慶應先発の高橋佑から山下朋レフト前、辻居死球でチャンスが広がると、岡が低めをすくい上げ左中間にスタンドイン!2季連続となる慶應高橋からの3ランで先制に成功します。
援護を受けた小宗は2回死球四球でのピンチも柳町ニゴロで切り抜けますが、3回先頭の渡部遼を歩かせると、中村タイムリー、さらに死球四球で走者を溜めて小原タイムリー・瀬戸西犠飛で同点。依然としてベンチは動かず4回も続投も、四球死球でついに10個目の四死球を与えたところでついに降板。代わった坂口は1死2・3塁のピンチを郡司ライナーゲッツーで切り抜け小宗の負けを阻止するも、続投した5回に2死満塁から柳町にセンター前に運ばれ、2点の勝ち越しを許します。
この間に雷雲が近づいていたため、5回表が終了した時点でしばし試合中断。この中断で流れを変えたいところでしたが、6回に登板した宮本が1回もたず2点を失うと、8回には5番手の柳川が2四球を与え、リーグ戦ワースト記録更新となる17与四死球…。打線は8回に青山タイムリーで反撃も後が続かず、令和の初陣を勝利で飾ることはできませんでした。

慶大 - 東大 1回戦
K 003 022 030 10
T 300 000 010 4
K ○高橋佑-津留崎-石井
T 小宗-●坂口-宮本-平山-柳川-田中啓

50安打への道

青山(4年) 本日 1安打 → 通算 6安打
山下朋(4年) 本日 1安打 → 通算 12安打
辻居(4年) 本日 1安打 → 通算 37安打
岡(3年) 本日 1安打 (1HR) → 通算 21安打 (3HR)
安田(2年) 本日 1安打 → 通算 2安打

100奪三振への道

小宗(2年) 本日 1奪三振 → 通算 2奪三振
坂口(4年) 本日 1奪三振 → 通算 3奪三振
宮本(4年) 本日 1奪三振 → 通算 25奪三振
平山(3年) 本日 1奪三振 → 通算 1奪三振 (NEW!)
柳川(2年) 本日 3奪三振 → 通算 4奪三振

令和最初の野球観戦はゼットエー。五井からの距離を甘く見てしまい到着が遅れ、第1試合の習志野vs東海大望洋は既に5回表途中で11-0と習志野大量リード。習志野11安打もさることながら望洋の5エラーに衝撃を受けていると、さらに2死2塁から遊ゴロを高投、6個目のエラーで習志野の得点は12点に。その裏望洋は仲野のタイムリーで1点を返し意地を見せたものの反撃もそこまで、習志野センバツ準優勝の力を見せつけ準決勝に進出しました。
 

第1試合が5回コールドで終わったため、第2試合の千葉学芸vs専大松戸は前倒しで開始。学芸の先発は2年生エースの小芝も、1死1塁から平山のライナーをレフトが目測誤り越されると、返球も乱れる間に先制を許すと、さらにゴロの間に2点目を失い、なおも2死満塁の場面で右サイドの鎌田に交代。この回は抑えたものの、2回にはライトフライ見失いが絡み2点を失う苦しい展開となります。
それでも続く1死1・3塁のピンチを6-4-3で切り抜けると、1・2回と三者凡退に抑えられていた学芸打線は3回、廣田のタイムリーで反撃。鎌田も3回以降は間中のソロによる1点のみに抑えて味方打線の奮起を待ちますが、専松先発の杉田の前に二の矢が継げずそのまま試合終了。専大松戸が3年連続の春ベスト4入りを果たしました。