11月下旬にして今年初めての東京ドームへ。他の諸大会が中止になる中で開催に漕ぎつけた都市対抗、この日の第3試合はENEOSvs東邦ガス。柏原と辻本の先発で始まった試合は開始直後ENEOS先頭の田中がセンターに弾き返すも、大島が猛然と突っ込みダイビングキャッチ!しかし続く川口がライトポール際に豪快にぶち込み先制点を挙げます。
反撃に転じたい東邦ガスはその裏先頭の大島が左中間に鋭い当たりもレフト岡部のダイビングキャッチから三者凡退。2回は若林・水本のヒットで2死1・2塁も氷見が左飛に倒れ無得点。ENEOS1点リードのまま試合は中盤に入ります。
そして迎えた4回裏の東邦ガスの攻撃は先頭上内が内野安打で出塁すると続く若林が右中間に大飛球!上内は3塁を回ってホーム突入も素早いクッションボール処理から返球の前に本塁憤死…。さらに若林もホームランを確信してゆっくり走っていたため、無死2・3塁のはずが1死1塁となってしまい、その後2死1・3塁と再度攻め立てるも柏原から代わった西島の前に水本一ゴロ。川端のタイムリーで1点を追加された直後の5回には1死から飯田がセンター前に運び、2回目の出場で記念すべき東京ドーム初ヒット!も藤井の巧みな牽制に誘い出され挟殺…。6回の1死2・3塁も後続倒れ、無得点が続きます。
そのままENEOS2点リードで試合は8回へ。なおも続投の辻本でしたが川端ヒットと四球で2死1・2塁のピンチ。マウンドに集まった後に続投を選択するも、今日ここまで無安打の小豆澤が左中間を破る2点タイムリー2ベースを放ち、辻本はついに降板となります。
ヒット数ではENEOSを上回るも無得点が続いていた東邦ガスはその裏小林と比嘉のヒットで2死1・3塁とし、比嘉がセンター前に落ちようかという当たりも、小豆澤がセカンドから最短距離で背走しダイビングキャッチ!鉄壁の守りの前にまたも0点に終わると、ENEOSは直後に屋宜から四死球でチャンスを作り、代わった水田から篠原が右中間真っ二つの2点タイムリーでダメ押し。その裏を5イニング目の藤井が3人で抑え試合終了、大久保監督が復帰したENEOSが大会通算100勝の金字塔を打ち立てました。

チーム2021新体制

https://tokyo-bbc.net/
主将が大音、主務が吉田、副将が井上慶と水越、副務が守上。3年前の山田大→宇佐美舜さながらに、背番号10が湘南の同期に受け継がれました。捕手の主将は山田聡以来14年ぶり、理学部の主将は21世紀に入って初(追記:小林実以来31年ぶり)。また主将主務副将合わせて6浪と、近年稀に見る年季の入った幹部陣になりました。
さて4年生の引退と大音の主将就任により、1桁の背番号が3以外空くことに。激しい争奪戦を経て1桁番を勝ち取った選手も、惜しくも逃した選手も互いに切磋琢磨して、チーム全体で大いに成長して来春を迎えてほしいですね!

令和2年度 秋季都大会決勝戦

神奈川や関東が軒並み無観客の中、有難くも有観客で開催された都大会の決勝戦日大三が岡村、東海大菅生が本田の両左腕の先発で始まった試合は初回菅生が千田ヒットとバントで1死2塁のチャンスを作り、小山三振も1塁への送球の間に千田が判断良く3塁を陥れると、続く堀町がレフト前に運び先制。続く2回にも2死2塁から本田自らレフトオーバーのタイムリーを放ち、岡村を早々と降板に追い込みます。
しかし2番手の宇山が菅生打線の勢いを止めると、バックもセンター星の背走ダイビングキャッチなど好守で宇山を援護。無安打に抑えられていた打線も5回2死2塁から安田がレフト線にタイムリーを放ち、追い上げを開始します。
しかし6・7回と本田の前に三者凡退に終わり、迎えた7回裏の菅生の攻撃は先頭岩田がヒットで出塁。ここで菅生は好投の本田に代打岩井を送る思い切った采配に出ると死球でチャンス拡大。千田はバント失敗も福原ヒットで1死満塁となり、三高内野陣がマウンドに集まって切り替えを図るも、小山の打席で暴投…。1点入って2・3塁となり、さらに小山一ゴロも一瞬躊躇ってからのバックホームが指に引っ掛かったか叩きつけてしまい、悪送球となって2者生還……。さらに2死から小池にレフト前タイムリーが飛び出し、菅生がこの回大きな4点を挙げます。
5点差に広がったとは言え好投の本田が降りたことで予断を許さない状況でしたが、後を受けた鈴木が安田にヒットを許すも8回を無失点。そして9回はセンターから千田が登板、四球とエラーで走者を背負うも最後は見逃し三振で試合終了!菅生が2年前の悔しさを晴らし、センバツをほぼ手中に収めました。

勝った方が優勝となる早慶決戦、先発は慶應が予想通りの森田に対し早稲田はなんと今西!見事に左打者を並べた慶應の裏をかきました。その立ち上がりは四球と内野安打で無死1・2塁、下山に対してもフルカウントまで持ち込まれるも5-5-4のゲッツー、橋本典を見逃し三振でピンチ脱出。2回も瀬戸西をゲッツーに仕留め無失点、オープナーの役目を見事果たします。すると打線は3回金子がヒットで出塁。1アウトながら吉澤が送って走者を2塁に進めると、瀧澤のセンター前タイムリーで先制。森田もこの回限りで降板し、試合は継投戦に入ります。
1点のリードを得て今西の後の2番手は西垣。しかし先頭渡部遼が絶妙なセーフティを決めて出るとすかさず盗塁、続く廣瀬の三遊間を破るヒットで一旦止まりかけるもレフトのファンブルを見て再加速し同点。直後の守りで2番手小林綾が連続四球も長谷川長谷部と執念のマシンガン継投で凌ぐと、その裏2死2塁から瀬戸西がレフト線に落ちるタイムリー!慶應が勝ち越しに成功します。
その後は双方無得点が続き終盤へ。7回表の早稲田は1死から蛭間が四球で出塁、またも1アウトながら徳山が送って2死2塁と同点のチャンス。ここで慶應は関根を投入、金子のバットを2本へし折って遊ゴロに仕留めてピンチ脱出。そして8回からはついに木澤を投入、吉澤瀧澤岩本を捻じ伏せ優勝まであと1イニング。一方の早川は後半に入りストレッチを開始し、そしてブルペンへ。8回裏に登板した柴田が2死から連打を浴びて1・3塁となった場面で、ついにマウンドに向かいます。打席には水久保、レフトに鋭いライナーも瀧澤が背走しキャッチ!見事な火消しで、ついに試合は最終回に入ります。
そして9回も当然木澤が続投。丸山を空振り三振、野村を左飛に仕留めて2アウト、優勝はすぐ目前に迫っていましたが、続く熊田が初球をレフト前に運び、打席には蛭間。昨日決勝弾を浴びた相手とは言えここは勝負の一手かと思いきや、堀井監督が動き生井に交代。その初球を捕らえた打球は一直線にセンターに伸び、バックスクリーン直撃の逆転2ラン!!!土壇場での一撃に早稲田ベンチは喜びを爆発、一方打たれた生井は蹲ってしばらく起き上がれず…。それでも代えの投手がいない状況で気力を振り絞って立ち上がり、早川を遊ゴロに仕留めました。
大歓声の中早川は9回のマウンドへ。引き分けでも優勝ですがその必要はないとばかりに古川を二飛、嶋田にヒットを許すも植田二飛、そして藤元を空振り三振に仕留め試合終了!大々々逆転劇で早稲田が10季ぶりの優勝を果たしました。

試合終了後はインタビュー。まずは小宮山監督の「今までの人生で一番印象に残る試合でした」という言葉に始まり、今年殿堂入りを果たした石井連藏氏・前田祐吉氏の6連戦の話を振られると思わず涙ぐむシーンも。そしてこの逆境の中、全試合をやり遂げた全校が勝者です!とのカッコいい決めゼリフ。続いて早川主将、この2週間自分が締めて優勝を決めるために準備をし続け、見事実現させました。最後に殊勲打の蛭間、外のストレートに絞って打席に入ったのに初球のスライダーをホームランにしたとのことで、来年以降も散々に苦しめられそうです…。
  

これで秋の全日程が終了。首位打者は.429(=9/21)で竹葉、規定打席に達してからは片山にマスクを譲り、待ち続けて果報が届きました。最優秀防御率は0.39(46回2自責点)で早川。先発した全試合で2桁奪三振、被本塁打ゼロ、タイムリーを許したのも西川と武隈だけという、まさに圧巻の投球でした。
さて今年は残念ながら神宮大会が中止になってしまったため、各校フレッシュトーナメントの後に新体制に入ることに。来年こそは平常を取り戻したリーグ戦が観たいですね!

勝っても負けても引き分けでも今年最後となる今日の一戦。昨日温存し満を持しての先発となった井澤でしたが、初回先頭の丸山を歩かせるとバントと三盗で1死3塁。しかし公家の遊ゴロで飛び出した丸山を早川が的確に追い詰めて刺すと、上田も打ち取りピンチ脱出。2回の2死1・2塁も後続を断ち、上々の立ち上がりを見せます。
続く3回もあっさり2アウト。続く公家を歩かせるも上田に高々とフライを打ち上げさせチェンジ…かと思いきや追った早川と岡がどちらも捕れず記録はタイムリー2ベース。落ち着く間もなく植田にもタイムリーを浴び、2点の先制を許してしまいます。
それでも井澤は立ち直り、4・5・6回と3イニング連続で三者凡退。今季初スタメンの松岡泰と息を合わせ試合の流れを引き戻そうとするも、明治先発竹田にゲームを支配され、6回まで一人の走者も出せず。7回もあっさり2アウトとなり、20年前の苦い思い出が蘇りつつあった状況で、石元の1-2と追い込まれてからの一振りはライトスタンドに突き刺さるホームラン!昨秋森下から放って以来の一発で、竹田の完全試合を打ち砕きます。
俄かに球場の雰囲気が一変し、続く岡も三遊間に鋭い当たりを放つも、公家の横っ飛びに阻まれチェンジ…。1点差となって井澤は自己最長となる7回のマウンドに登るも、2死1・2塁から村松にセンター前タイムリー。続投した8回も1死2塁から陶山にヒットを許し、代走でリーグ戦初出場の堤に還られ失点。それでも後のピンチは断ち、リーグ戦初の完投を果たしました。
そして3点差で9回の攻撃。この回から登板の入江に対し大音が良く見て四球を選ぶも、続く安田がバットを折られるファーストライナー、大音戻れず併殺…。2死走者無しとなって笠原主将に打席が回るも、初球を打ち中飛で試合終了……。今季の戦いは勝ち点0.5で終わり、連敗脱出の夢はチーム2021に託されることになりました。

東大 - 明大 2回戦
T 000 000 100 1
M 002 000 11X 4
T ●井澤
M ○竹田-入江

50安打への道

石元(4年) 本日 1安打(1HR) → 通算 25安打(3HR)

100奪三振への道

井澤(2年) 本日 3奪三振 → 通算 25奪三振



続く第2試合のR-H、中崎と高田孝の先発で始まった試合は2回柴田がレフトにソロを放ち立教が先制。3回にもバッテリーミスで得た1死3塁のチャンスに宮崎がタイムリー、続く冨永はゲッツーコースの二ゴロも法政二遊間の連携が乱れ悪送球、チェンジのはずが1死2・3塁に。この隙を逃さず山田が2点タイムリーを放ち、高田孝をマウンドから引きずり下ろします。
追う法政はその裏四球で出た杉村が二盗三盗を立て続けに決めてチャンスを作るも後続倒れ無得点。5回には杉村のリーグ戦初ヒットなどで2死満塁とするも佐藤勇遊飛でまたも無得点。中崎→宮海の継投の前にゼロ更新が続きます。
そして6回は比屋根が法政打線を軽く3人で料理すると、いよいよ7回から中川が登場。7・8回をノーヒットに抑えると、4回以降無得点が続いていた打線が9回に2死3塁のチャンスを迎え、打席には宮慎。連投の鈴木のストレートを叩いた打球はレフトの頭上を越えるタイムリー2ベース!ここまで苦しみ続けてきた主将の一打で、立教が貴重な追加点を挙げます。
その裏も中川が続投し、最後は投ゴロを自ら処理してゲームセット。立教が完封リレーで4位を確保、有終の美を飾りました。

立教1回戦と同じく先発は西山でしたが、初回先頭丸山を歩かせると二盗三盗を決められ、植田にライト前タイムリー。2回にも2死から村松丸山の連打で1点を失い、オープナーの役割を果たしきれず降板します。2番手は横山も、西山のフライを反射光のせいか梅山が逸らし3ベースとしてしまうと公家にタイムリー。3番手は今季初登板の松田でしたが公家に犠飛。4番手には奥野もこの日は不安定さに歯止めが効かず5点を失い、2イニング持たず降板。ジリジリとリードを広げられます。
一方打線は入江の前に再三得点圏に走者を進めるも得点には至らず。7回は磯村、8回は村田の前に無得点に終わり迎えた9回、明治はこれまで裏方でチームを支えてきた金光をマウンドに送ります。金光は明治ベンチからの声援を受けて奮投も3四球で満塁となり、中井がセンターに犠飛を放ち完封を阻止。続く宇佐美は倒れ2死となるも、代打安田が一二塁間を破るタイムリー、さらに笠原もファースト強襲のタイムリー!意地の連打で金光を降板に追い込み、代わった高橋から早川が痛烈なライナーを放つもファーストの正面で試合終了…。入江にプロへの門出となる白星を許してしまいました。

明大 - 東大 1回戦
M 111 013 200 9
T 000 000 003 3
M ○入江-磯村-村田-金光-高橋
T ●西山-横山-松田-奥野-柳川-小宗

50安打への道

笠原(4年) 本日 2安打 → 通算 27安打
石元(4年) 本日 1安打 → 通算 24安打
武隈(4年) 本日 1安打 → 通算 21安打
宮崎(2年) 本日 1安打 → 通算 7安打
安田(3年) 本日 1安打 → 通算 9安打

100奪三振への道

西山(2年) 本日 2奪三振 → 通算 16奪三振
奥野(3年) 本日 1奪三振 → 通算 16奪三振
小宗(3年) 本日 2奪三振 → 通算 17奪三振

2020年ドラフト

檻牛 東京 日公 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
佐藤輝 早川 伊藤大 栗林 早川 入江生 早川 佐藤輝 早川 高橋 佐藤輝 佐藤輝
山下 鈴木 ×× ×× ×× ×× 渡部 ×× 鈴木 ×× 井上 平内
×× 木澤 ×× ×× ×× ×× ×× ×× ×× ×× ×× ××
山野 五十幡 森浦 高田孝 佐々木 伊藤将 中森 笹川 山崎伊
来田 内山 古川 大道 藤井 松本隆 山村 佐藤蓮 小川 土田 牧原 中山
中川颯 元山 細川 小林 内間 小深田 若林 榮枝 河村 福島 川原田 伊藤優
中川拓 並木 根本 行木 入江樹 池谷 大曲 村上 西川 加藤翼 田上 秋広
阿部翔 嘉手苅 今川 矢野 高田琢 タイシンガー 中野    三好    山本一
                  三河 高寺          萩原
                     石井            
檻牛 東京 日公 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
川瀬 松本遼 二俣 石田 石川 赤上 岩田 谷川 近藤 佐藤宏 岡本
辻垣 赤羽 齊藤       加藤大 長谷川    小沼 上田 中道 喜多
宇田川 松井             宮本    山本大 松木 桑原 笠島
丸山             豆田    佐藤奨    木下
佐野                水上          緒方 前田
古長                            居谷 坂本
                              大城 戸田
                              中村 阿部剣
                                 奈良木
                                 山崎友
十一                                  保科
十二                                  加藤廉

早川と佐藤輝が中心という事前の予想に違わず4球団ずつが入札。クジの結果は早川が楽天、佐藤輝が阪神と、昨年から一転指名を公言していなかった球団に吉報が届きました。意外にも外れ1位の競合は鈴木に2球団のみでロッテへ。外れ外れとなったヤクルトは木澤を指名し、なんと早慶法明からドラ1を輩出という快挙。さらに高田孝がドラ2で楽天、中川がドラ4でオリックス。育成でも石川と佐藤宏が指名され、今年のリーグ戦を有観客で開催した意義を大いに示す結果になりました。
そして競合を尻目にまんまと入江の一本釣りに成功した横浜は2位までに残っていた牧を確保。現在4位の利点を生かし投打の軸を固めた上で、安心して松本池谷高田琢石川の左腕乱獲。さらには小深田加藤大も加え、来年からの新体制に向けて心強い補強になったと言えるでしょう。
さてドラフトは終わりましたが秋のリーグ戦はこれからが佳境。まずは今週末、入江を打ち込んで送り出してほしいですね!