六大学野球

2021年まとめ(投手編)

100奪三振への道 2021年総集編 1994年以来27年ぶりの年間3完封と嚙み合った時は近年稀に見る力を発揮した一方で、秋の122失点は1929年春の110失点(明治渡米のため8試合)を超えるワースト記録。とにかく浮き沈みの激しい1年でした。 井澤 (3年) 今年 31(=…

チーム2022新体制

https://tokyo-bbc.net/ 主将が松岡泰、副将が西山と宮﨑、主務が田中、副務が小野優と増田。今度こそ捕手の主将は山田聡以来15年ぶり、またエール出版社の合格体験記執筆者として(おそらく)史上初の主将就任となりました。 そして背番号の変更も同時に発…

慶大30年ぶり春秋連覇「ほっとしているのが正直な気持ち」堀井監督

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202110310000302.html昨秋に続いて勝った方が優勝の大一番は初回に早稲田が岩本の走者一掃タイムリーで3点を先制も、慶應も中盤から終盤にかけて渡部遼の2本のタイムリーで同点に。早稲田後攻のため9回表終了時…

今年最終戦の先発は奥野。通算5回目の先発で初めて先頭を歩かせず中飛に打ち取ると、2死2塁のピンチも岡田悠を見逃し三振に仕留めて無失点。2回以降も得点圏に走者を背負い続けるも要所で踏ん張り、春からの対法政戦無失点を継続すると、打っても法政先発篠…

東大 - 法大 1回戦 T 010 000 000 1 H 003 022 04X 11 T ●井澤-松岡由-小宗 H 扇谷-◯尾崎-石田 50安打への道 宮﨑(3年) 本日 1安打 → 通算 21安打 大音(4年) 本日 1安打 → 通算 37安打 井上慶(4年) 本日 2安打 → 通算 22安打 松岡泰(3年) 本日 1安打…

1カード空けて先発のマウンドに立った奥野でしたが今日も先頭にストレートの四球…。何とか2死3塁まで漕ぎつけたものの上田に被弾、さらに連打から西山にも被弾。5点を失いこの回限りで降板します。2回は2番手の小宗も藤江への四球を発端に2失点、3回は3番手…

明大 - 東大 1回戦 M 201 010 122 9 T 000 000 000 0 M ◯竹田-磯村-渡部翔-阿南 T ●鈴木健-井澤-松岡由-柳川 50安打への道 宮﨑(3年) 本日 1安打 → 通算 20安打 大音(4年) 本日 1安打 → 通算 36安打 安田(4年) 本日 1安打 → 通算 15安打 松岡泰(3年)…

前日の大敗から一夜明けての2回戦は初回先頭の宮崎が四球で出塁、早速新チャンスパターン「奏」が流れるも誘い出され挟殺…。その後四球と大音レフト前で1・2塁とするも連続三振で無得点。するとその裏、リーグ戦初先発の松岡由が1死から中川卓を歩かせると、…

早大 - 東大 1回戦 W 033 132 605 23 T 000 000 100 1 W ◯徳山-ユエン-清水成-齋藤正 T ●井澤-小宗-古賀-大久保-西山 50安打への道 宮﨑(3年) 本日 1安打 → 通算 19安打 阿久津(3年) 本日 1安打 → 通算 5安打 松岡泰(3年) 本日 1安打 → 通算 15安打 水…

先週に引き続き先発のマウンドに立った奥野でしたが、いきなり8球連続ボールを続けると、宮崎のバントもワンバン送球で辛うじてアウトとという暗雲立ち込める立ち上がり。さらに東にぶつけて満塁となり、山田は空振り三振で2アウトまで漕ぎつけたものの、吉…

東大 - 立大 1回戦 R 100 003 920 15 T 040 200 000 6 R 池田陽-野口-◯栗尾-沖-島田 T ●井澤-小宗-西山-鈴木健 50安打への道 宮﨑(3年) 本日 2安打 → 通算 18安打 大音(4年) 本日 2安打 → 通算 32安打 井上慶(4年) 本日 2安打 → 通算 17安打 櫻木(4年…

慶大 - 東大 2回戦 T 000 000 001 1 K 030 001 00X 4 T ●奥野-西山-小宗 K ◯増居-橋本達 50安打への道 宮﨑(3年) 本日 2安打 → 通算 16安打 松岡泰(3年) 本日 2安打 → 通算 13安打 100奪三振への道 奥野(4年) 本日 2奪三振 → 通算 23奪三振 西山(3年…

コロナ禍の影響で1週間順延され、さらに雨天で1日順延してようやく迎えた秋の開幕。入れ替わって開幕カードとなったR-Wの先発は池田陽と西垣、また立教は1年生の田中祥を2番サードで起用してきました。すると初回その田中祥のもとに3度もファールフライが飛…

慶大、最終戦敗れ8連勝でストップ「まだ力足りない」大学選手権でV狙う

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105300000888.html 慶應が先勝して迎えた第2戦、早稲田の先発はリーグ戦初となる山下。徳山が本調子でない状況で苦肉の策とも思えましたが、慶應相手に一歩も引かない投球を見せると、打線も増居を打ち込んで…

今季ここまで井澤と西山を繰り返してきた先発ローテでしたが、最終戦の今日はなんと奥野。通算20試合目の登板にして初の大役、その立ち上がりは先頭岡田悠を歩かせると、自身の牽制悪送球でいきなりのピンチ。しかし1死3塁から齊藤大小池を連続三振に仕留め…

まずは第1試合のR-M、ともに他力優勝の可能性を残す両者の対決は初回立教が東のタイムリーで先制すると、5回にも悪送球に乗じて追加点。このリードを今日も先発の池田陽が5回無失点で守り、2番手の栗尾も6・7回をパーフェクトと絶好調。逃げ切りモードで3イ…

東大 - 立大 2回戦 T 120 000 100 3 R 115 001 21X 11 T ●西山-柳川-奥野-大久保 R 荘司-◯小幡-野口-栗尾 50安打への道 水越(4年) 本日 1安打 → 通算 11安打 阿久津(3年) 本日 1安打 → 通算 3安打 大音(4年) 本日 2安打 → 通算 28安打 井上慶(4年) …

立大 - 東大 1回戦 R 000 010 012 4 T 000 001 100 2 R 池田陽-石元-栗尾-◯宮 T 井澤-柳川-小宗-●西山 50安打への道 水越(4年) 本日 1安打 → 通算 10安打 阿久津(3年) 本日 1安打 → 通算 2安打 大音(4年) 本日 1安打 → 通算 26安打 井上慶(4年) 本日…

慶大 - 東大 2回戦 K 000 340 400 11 T 000 100 050 6 K ◯増居-小林綾-橋本達 T ●西山-柳川-小宗-鈴木健-奥野 50安打への道 大音(4年) 本日 1安打 → 通算 25安打 水越(4年) 本日 1安打 → 通算 9安打 櫻木(4年) 本日 1安打 → 通算 1安打 (NEW!) 宮崎(3…

東大 - 慶大 1回戦 T 000 000 000 0 K 010 320 01X 7 T ●井澤-小宗-柳川-鈴木健 K ◯森田 50安打への道 大音(4年) 本日 3安打 → 通算 24安打 井上慶(4年) 本日 1安打 → 通算 10安打 水越(4年) 本日 1安打 → 通算 8安打 安田(4年) 本日 1安打 → 通算 1…

東大 - 明大 2回戦 T 000 110 000 2 M 211 116 32X 17 T ●西山-小宗-柳川-松岡由-大久保-井澤 M ◯磯村-高橋-石原-渡部翔 50安打への道 阿久津(3年) 本日 1安打 → 通算 1安打 (NEW!) 中井(3年) 本日 1安打 → 通算 8安打 大音(4年) 本日 1安打 → 通算 21…

先週からスタメンを動かさずに挑んだ明治戦。先発の井澤は初回先頭の陶山に遊ゴロを打たせるも中井が悪送球…。しかし盗塁を松岡泰の火の出るような送球で刺すと、後続を抑えて無失点!しかし続く2回に上田植田の連打から篠原にバックスクリーンへの3ランを被…

前日ベンチ外からの先発となった西山は初回2死からヒットと四球で満塁も野村を右飛、2回は西垣にリーグ戦初ヒットとなる2ベースを許し2死1・2塁も中川卓を二ゴロ、3回は先頭の蛭間に2ベースを許すも後続を3連続フライ。ピンチの連続も要所を締めて3回無失点…

引き続き厳しい状況が続く中、有難くも予定通りの春に開幕を迎えることが出来ました。社会人対抗戦と同じスタメンで挑んだ開幕戦でしたが、先発の井澤が初回先頭の鈴木萌をストレートの四球で歩かせると、蛭間の内野安打で1死1・3塁のピンチを招き、岩本に右…

2020年まとめ(投手編)

100奪三振への道 2020年総集編 春は猛暑の下の1週間強でノーゲーム含め6試合をこなすという過密日程を乗り切ると、秋は各カード1試合は井澤が試合を作り、もう1試合は継投で凌ぐというスタイルを確立。継投が嵌った立教戦で歴史に残る勝ち点0.5をもぎ取ると…

2020年まとめ(打撃編)

50安打への道 2020年総集編 年間で規定打席に到達したのは大音・武隈・石元・笠原の4人でしたが、首位打者は昨年の石元に続き認定制度で早川(.243=9/37)。春終了時点で通算1安打も、秋には2度の猛打賞で途中まで首位打者を争う活躍を見せ、見事3割を達成。春…

チーム2021新体制

https://tokyo-bbc.net/ 主将が大音、主務が吉田、副将が井上慶と水越、副務が守上。3年前の山田大→宇佐美舜さながらに、背番号10が湘南の同期に受け継がれました。捕手の主将は山田聡以来14年ぶり、理学部の主将は21世紀に入って初(追記:小林実以来31年ぶ…

勝った方が優勝となる早慶決戦、先発は慶應が予想通りの森田に対し早稲田はなんと今西!見事に左打者を並べた慶應の裏をかきました。その立ち上がりは四球と内野安打で無死1・2塁、下山に対してもフルカウントまで持ち込まれるも5-5-4のゲッツー、橋本典を見…

勝っても負けても引き分けでも今年最後となる今日の一戦。昨日温存し満を持しての先発となった井澤でしたが、初回先頭の丸山を歩かせるとバントと三盗で1死3塁。しかし公家の遊ゴロで飛び出した丸山を早川が的確に追い詰めて刺すと、上田も打ち取りピンチ脱…

立教1回戦と同じく先発は西山でしたが、初回先頭丸山を歩かせると二盗三盗を決められ、植田にライト前タイムリー。2回にも2死から村松丸山の連打で1点を失い、オープナーの役割を果たしきれず降板します。2番手は横山も、西山のフライを反射光のせいか梅山が…